引越し 婚活準備

異なる市町村で引っ越しするのにかかる費用

異なる市町村で引越しをする場合でも、都道府県が同じならそれほど料金に差はでない傾向があります。都道府県が異なっていても、東京と神奈川というように近郊の県ならば、市内での引越しと同じように考えても良いでしょう。

異なる市町村で引越す場合の費用

遠方の引越しでは大手の業者を利用したほうが費用の削減になると言われています。大手の業者では、全国に支店を持っているため、異なる業者を引き継ぐ必要がなく、中間マージンなどがかからないことが理由となっています。 しかし、異なる市町村での引越しでも都道府県が同じだったり、近郊のエリアだったりする場合、地域密着型の会社でも対応してくれる可能性が高いです。小さな会社でも、神奈川県と東京、埼玉などの引越しに対応していることが多いです。大切なのは、市町村が異なるということよりも、距離がどのくらいになるのかということでしょう。

内訳をよくチェックすることが大切

引越しの見積もりをもらったら、トータルでかかる料金だけを見るという人も多いようです。しかし、内訳についてもしっかりとチェックをしておきましょう。内訳で重要になるのは、人件費とトラック代です。人件費はスタッフ1人あたり8000円~10000円くらいかかってくるので、一番大きなコストとなるでしょう。荷物の少ない単身引越しでも、最低でもスタッフは2人必要になることが多いです。トラックのサイズが大・中・小と分けられており、それぞれ料金が異なっている会社もあります。荷物の量や大きさに応じて適切なトラックを選んでもらいましょう

荷物を分けることで節約ができる?

人件費やトラック代を節約するためには、荷物を減らすということがポイントになります。例えば、冷蔵庫を運ぶためにスタッフ3人がどうしても必要な場合、冷蔵庫だけを運送業者に運んでもらい、スタッフを2人に減らしてもらうことでトータルコストを節約できる場合があります。しかし、一般的には業者を分けるよりも、1つの業者にすべてまかせたほうがメリットがあると言われているので、慎重に考えて決める必要があるでしょう。いずれにしても、いくつかの業者に実際に見積もりをとってもらって、その結果を見てから比較・検討をしなければならないでしょう。

異なる市町村での引越しでも、距離が近いならば、大手の業者よりも地域密着型の業者を選んだほうが料金の節約になる可能性が高いでしょう。判断に迷っている場合には、大手と中小の業者両方に見積もりをとってもらって、結果を見てから比較するようにしておきましょう。人件費が最も大きなコストとなるので、人件費を減らすために荷物運びを手伝うように約束をしておくと、値引き交渉が成功しやすいです。

-引越し, 婚活準備
-, , , , ,

Copyright© 人生100年なんでも相談室 , 2020 All Rights Reserved.