終活準備 冠婚葬祭

対応が丁寧な葬儀屋の選び方

対応が丁寧な葬儀屋の選び方

人はいつか亡くなりますが、病院などに紹介される葬儀社が全て良い葬儀社であるかはわかりません。病院などに紹介された葬儀屋と一般の業者に比べると費用が高くなることがほとんどです。また知り合いの人から紹介されても信頼できるかは疑問がつきます。

 

 

葬儀屋の選び方で最初に必要な事

葬儀屋選びをする際に最初に必要とする事は、どのような葬儀にしたいかをまとめておくことです。規模は大きい方が良いのか小さい方が良いのか、低価格にしたいのか、心のこもった丁寧なサービスがある葬儀を行いたいのか、個性的に葬儀を行いたいのかなどやり方は様々です。それぞれ業者には特徴や得意不得意な事がありますので、希望する葬儀ができる業者を選ぶべきです。良い葬儀社の見分け方として、丁寧な対応、わかりやすい説明、希望を実現してくれる事と担当者の人柄の良さなども重要な材料になります。

良い葬儀屋を見分けるための条件

見かけ方の条件として、まずは事前に依頼した見積書が丁寧で細かく書かれており、全ての費用の内訳が分かりやすく明記されており、詳しく説明してくれる上に、実際の請求額と見積額の差が少ない事です。また依頼者の質問にも丁寧な対応をしてくれなければなりません。次に、様々なプランを提案してくれる業者は良い業者です。依頼する側の希望を叶えるプランが多ければ多いほど良いですし、低価格や自宅、公民館などを使用したなど業者からすると利益が少なくなるような葬儀でも快く対応してくれるかどうかも重要です。

信頼できる葬儀社を選びましょう。

葬儀屋もあくまでもビジネスですので、中には強引に押し売りするような業者も少なくありません。しかしそんな業者は全く信頼できません。押しが強かったり、何かと理由をつけて契約を急がせるような業者は選ぶべきではありません。ここまでの見分け方を見究めながら、業者の良い選び方として、店舗を持っており、長年営業し、地域密着型の業者が良いと思われます。更に、選択肢を増やす為に、わかりやすいパンフレットや今までの葬儀の詳しい写真や記録などを確認できるような葬儀社は非常に良い業者であるとわかります

葬祭業界で働く方の方の中には、葬祭ディレクターという民間資格を有した方がします。葬祭ディレクターは葬儀に必要な知識や技術を習得したスペシャリストですので、様々な対応が可能であり、その存在が葬儀社選びの一つの選択肢ともなります。ただ紹介された葬儀社に依頼するのではなく、大切な方の旅路を飾る大事な式ですので、様々な条件に納得できる選び方をしましょう。

-終活準備, 冠婚葬祭

Copyright© 人生100年なんでも相談室 , 2020 All Rights Reserved.