歯磨き 美容

ポリリン酸の特徴と作用

 

ポリリン酸の特徴と作用

ホワイトニング治療で用いられるポリリン酸には、歯の色素沈着を取り除く作用があります。台所や衣類用の洗剤に含まれている物質で、着色性の物質を除去する特徴があるので、歯磨きだけでは落とせない黄ばみや黒ずみにも効果があります。

 

 

従来の治療法よりも痛みを軽減できます

従来のホワイトニング治療で使用されている薬剤には、過酸化水素という物質が入っていて、これを含んだジェルを歯の表面に塗った後、ライトやレーザーを照射して歯を白くしていきます。ポリリン酸を用いる治療では、薬剤に過酸化水素に加えて、ポリリン酸も含まれているのが特徴です。 過酸化水素だけの薬剤では、濃度が高いので、歯茎や口腔粘膜に当たったときに、痛みを感じることがありました。ポリリン酸を配合している薬剤でホワイトニング治療を行えば、過酸化水素の濃度が薄くなる分、刺激が少ないので、痛みを軽減することが出来ます。

過酸化水素に比べると食事制限がきつくない

ホワイトニング治療を過酸化水素で行った後は、一定期間は食事制限をしなくてはなりません。過酸化水素の影響により、しばらくは歯が不安定な状態なので、コーヒーなどの着色性のものの摂取は控えることが大切です。 ポリリン酸による治療は、付着している着色物を除去するもので、過酸化水素のように歯を漂白するというのではないため、治療後も大した食事制限をしなくて済みます。ポリリン酸には歯の表面をコーティングする作用があるため、どちらかといえば治療前よりも着色しにくくなりますし、刺激にも強くなっています。

歯への影響が少なく治療費も安い

ポリリン酸は過酸化水素に比べると、刺激が少ないので、歯への影響も少なくて済みます。過酸化水素は強い作用で歯を漂白することが出来ますが、その分、かなりの刺激があるので、歯へのダメージが大きくなります。ポリリン酸は、汚れを除去するほどの作用しかないので、歯へのダメージを最低限に抑えられます。 ポリリン酸を配合した薬剤を使ったホワイトニング治療は、比較的安価で受けられるのが特徴なので、費用を節約することが出来ます。あまりお金をかけずに、歯に優しい方法で白くしたい方におすすめです。

従来のホワイトニング治療は過酸化水素を用いていたので、強い刺激で痛みを感じやすいうえ、食事制限がきつい、歯への影響が大きい、治療費がかかるなどのデメリットがありました。ポリリン酸を用いたホワイトニング治療なら、刺激が弱いので痛みにくく、食事制限もきつくないのでおすすめです。歯へのダメージも少なく、治療費も比較的安いので、気軽に受けることが出来ます。

-歯磨き, 美容
-, , , , , , , , ,

Copyright© 人生100年なんでも相談室 , 2020 All Rights Reserved.