法律事務所 債務整理

債務整理を始めるまでの準備

債務整理の種類には、任意整理、民事再生、自己破産の三種類があり、借金の残額、毎月の収入などによって、どの手続きを行うのかが決まってきます。したがって、債務整理を始めるまでの準備は、どの手続きになるとしても大きく変わるものではありません。

債務整理の種類とその具体的な内容とは

債務整理の準備を始めるには、まず、それぞれの概要を把握する必要があります。 任意整理は債権者に借金の減額や金利の引き直しなどを交渉し、毎月の返済金額を減額することで、比較的、借入残額が少ない場合に適用されます。 民事再生は、住宅ローンを除いた借金の総額を5分の1程度に圧縮し、3年から5年で返済します。住宅を残すことができますが、裁判所に申請し認められることが条件です。 自己破産は、全ての借金に対する返済義務はなくなりますが、住宅を含め大部分の財産は処分することになります。この場合も裁判所に申請して認められることが条件です。

債務整理を始めるまでに整理しておくこと

どの方法を適用するかは、借入総額と毎月の収入によって決まりますから、まずは借入総額を整理することが必要です。この場合、概算ではなく、借入先ごとに正確な残額を整理しておくことが必要です。 また、毎月の収入については、直近の3か月程度の給与収入のほか、副業や配偶者の収入も洗い出しておくことが大切です。併せて、直近3か月間の収支内訳を整理しておけば、今後の返済可能額がわかりますので、どの手続きが一番良いのか判断する材料になります。 さらに、借金で得たお金の使い道についても、特に個人再生や自己破産を選択する場合には必要となります

無料相談を活用することのメリット

どういった債務整理の方法を適用するかは、自己の判断ではなく、客観的な判断に委ねるべきです。そこで活用したいのが弁護士事務所や司法書士事務所が主催する無料相談です。 無料相談を活用するにあたっては、現在の借り入れ状況など、簡単なアンケートをweb上で回答するだけで、自宅から近隣の弁護士事務所などを紹介してくれますので、実際にその事務所に出向いて相談することになります。無料相談の時点では、必ずしも対応を依頼しないといけないものではありませんので、まずは、どういった債務整理を行えば良いのかを相談できます

債務整理を始めるにあたっては、現在の借入残高、収入などを整理しておくと、スムーズに手続きを行うことができます。併せて、弁護士事務所などが主催する無料相談を活用することで、そういった債務整理の方法が適切なのか判断してもらうことが可能です。この場合、大切なのは一刻も早く準備を行い、無料相談を活用することです。

-法律事務所, 債務整理
-, ,

Copyright© 人生100年なんでも相談室 , 2020 All Rights Reserved.