中古買取 クルマ買取

愛車を高く売るために普段から整備点検をしておこう

まだ走行できる車は、日本国内だけではなく、海外においても高い需要があります。

そのため、中古であっても高い金額で買い取ってもらえた事例は多く、普段から優しく扱うことがポイントです。

電子部品と精密機械の塊ゆえ、有資格者の整備士がいる店舗での整備と、個人でも可能な日常点検を定期的に行っておきましょう

見栄えも重要なことですが、人と荷物を運ぶことが主目的だから、快適に走れることが第一に求められます。


車は整備点検をしないとすぐ劣化していく

車は電子部品によって制御されている機械でして、エンジンで発生した動力をギアなどによって各タイヤまで伝達しています。

高速走行までできるのは、機械工学によって磨き上げられてきた設計と高精度のパーツ、それに最適な状態を維持するための電子部品があるからこそです。

さて、基礎知識としては、運転免許証の取得時に整備点検も一通り学ぶのが一般的となっています。でも、いざ車を運転する段階になると、自分自身ではろくに日常点検すら行わず、カーショップでプロに任せることもしない方が少なくありません

整備不十分のまま走らせてしまったら、走行中にタイヤがパンクしての交通事故や、バッテリーあがりによる始動不可になってしまう恐れがあるので気をつけましょう。

整備点検記録簿をマメに記帳しておこう

新車を購入すると、整備点検記録簿が助手席のグローブボックスに入っています。整備点検記録簿とは、カルテのようなもので、工場から出荷されてからの全ての整備点検を記録できるレイアウトになっているのが特徴です。

中古車として買い取ってもらう場合は、この整備点検記録簿の記録に基づいて、状態の良し悪しを判断されます。記録されていないか、それとも紛失していても、買取の査定は受けられますが、客観的に証明できる書類がないと本来の査定より低めになりがちです。

再販売する時に購入希望者に整備履歴を提示できるメリットは大きく、業者の査定マニュアルとしても重要項目に入っています。それに、整備点検記録簿をマメに記帳する人間は、基礎知識を身につけており、丁寧に扱う傾向にあるので、より高い評価にしやすい事情もあります

タイヤなどの高価なパーツの買い替え時期に注意

車には消耗が早いパーツが多くあり、中でもタイヤは買い替え時期に注意が必要なパーツと言えます。基本的に4本全てを買い替えなければいけないので、ボーナスが出る月に合わせるなどの工夫が必要です。

バッテリーについても、劣化してきたら早めに買い替えたいパーツの1つで、しかもできるだけ高品質のものにした方が快適になるため、こちらでも買い替え時期を熟考しなければいけません。

したがって、高価なパーツの買い替え時期を先読みして、それに合わせて買取をしてもらうのも1つの考え方になります。タイヤなどのパーツを新品にしたところで査定はあまり変わらないので、使用できなくなってしまう手前で次の車に乗り換えてしまうのも有効です。

まとめ

整備点検の基礎知識を身につけておけば、毎日のドライブが快適になるのと同時に、手放す時にも高額査定が期待できます。自動車学校で習った程度の整備点検をきちんと継続しておけば、整備点検記録簿によって状態の良さが証明され、次のオーナーも気分良く乗れる流れになります。

週末に日常点検を行って、タイヤの空気圧をチェックするだけでも大きく変わってくるので、今日からさっそく始めてみましょう。

-中古買取, クルマ買取
-, , ,

Copyright© 人生100年なんでも相談室 , 2020 All Rights Reserved.