AGA治療 婚活準備

プロペシア(フィナステリド含有)はどのような薄毛に効くのか

朝に鏡を見たときや、外で強い光線を浴びたときにどうも地肌が透けている。そんな瞬間が重なって「自分が薄毛になってきたかな?」と感じたとき、ただやみくもに育毛剤を使ったりするのはあまりオススメできません。

 

 

 

 

AGAや薄毛の原因

薄毛と一口に言ってもその原因はさまざまで、たとえ年配の男性だからといって必ずしもAGAと決まっているわけではないのです。もし薄毛の症状が「急速に進み、毎日大量の髪の毛が枕についている」ようであれば、それはAGAではない可能性が高いでしょう。AGAは少しずつ進行していくものなので、一気に抜けたりする場合はストレス性のものを含め、皮膚の疾患である可能性が高く、皮膚科を受診したほうが良いでしょう。しかしもし「薄毛が少しずつ進行していて、抜け毛が細く短い」ようであればAGAの疑いが非常に強いのでぜひAGAクリニックなどを受診して確かめることをオススメします

AGAが発生する仕組み

AGAは男性ホルモンがジヒドロテストステロンという悪さをする物質に変わってしまい、これが髪の寿命を縮めることで徐々に薄毛が進行する病気です。そのため毛髪が未成熟なまま抜けてしまっているのはこれに該当します。このジヒドロテストステロンの作用を防いでくれるのが有名な治療薬、プロペシア(フィナステリド含有)です。プロペシア(フィナステリド含有)はその有効成分がジヒドロテストステロンを抑え込むため、AGAの進行を食い止めてくれます。ジヒドロテストステロンがずっと働かないままの状態を保てると毛髪を生み出す毛母細胞もじょじょに元気を取り戻し、再びふさふさとした発毛を期待することも出来ます。

クリニックで処方されるプロペシア

クリニックでAGAと診断されるとおそらくこのプロペシア(フィナステリド含有)を処方されるでしょう。もちろんそのクリニックの指示に従うのも良いですし、AGAとわかったら自分で治療する道もあります。今はネット上で薬の個人輸入が出来ますので、診察料や通院の手間をかけずにプロペシア(フィナステリド含有)やそのジェネリック薬品を購入することが出来ます。AGA治療は長丁場になるため、治療費を少しでも安く抑えるのも重要なポイントです。有効成分フィナステリドは強い薬品ですので、自分で購入する場合にはきちんとその服用量や副作用を調べて使うようにしましょう。服用中はその効果をしっかり頭皮に届かせるため、ミノキシジルなど血行を促進する育毛剤を使ったり、運動や頭皮マッサージなど血流を良くする努力を自分で出来る範囲で行うと早い回復につながります。専門家と自分の努力を利用して、賢くAGAに向かっていきましょう。

 

申込みはこちら

-AGA治療, 婚活準備
-

Copyright© 人生100年なんでも相談室 , 2020 All Rights Reserved.