法律事務所 債務整理

総量規制の詳細と仕組み

今、「カードローン」を利用する時には切っても切れない関係にあるものが「総量規制」というルールです。基本的には利用者救済が目的の規制ですが、詳細な仕組みを知らないと足かせになってしまうこともあるので注意しましょう。

 

 

「借入れ制限」ではなく「貸付制限」

そもそも総量規制の詳細や仕組みを知らない人から見れば、「借りられる額が減ってしまう規制」という風な認識を持たれることが少なくありません。たしかに、以前と比べると借りられる金額が減ってしまっていることは事実で、それによって生活が困窮してしまったという人もいます。 しかし、詳細は「借り入れ制限ではなく貸し付け制限」をしているものが総量規制です。つまり、借りる側が規制の上限を超えた借り入れをしても特に罰せられることはありません。しかし、貸す側が規制を守らなかった場合、厳しい罰則を受けることになります。

収入がない人は借金ができなくなった

総量規制では、「年収の1/3を超える貸し付けを制限する」と言った形で借り入れ額が制限されるようになったため、年収100万円の人は約30万円までしか借りることができません。年収1000万円の人は300万円以上の借り入れをすることも可能ですが、所得が少ない人は総じて借りられる金額が減ってしまったというのが実状です。 また、具体的に年収に対する制限が設けられたことによって、「無職は借金をすることが不可能になった」という変化もあります。もともと機会は多くありませんでしたが、今となっては100%不可能になりました。

すべての債務が対象になるわけではない

しかし、総量規制が影響する債務はあくまでも「貸金業者からの債務」に限定されます。クレジットカードのキャッシング枠を利用する場合や携帯電話の分割購入なども無関係ではありませんが、「貸金業法に関係する債務」にのみ総量規制は関係します。そのため、銀行法が関係する銀行からの借り入れが制限されることはありません。 また、総量規制の対象となるカードローン業者を利用する場合だとしても、「おまとめローン」などのように特定の条件を満たしている商品を契約する場合には、特例として規制対象外として扱われることもあります

今となっては無視することができない存在となった総量規制ですが、その詳細を知らずにカードローンに申し込みをしてしまい、契約できずに断られることを繰り返すと「申し込みブラック」になってしまいます。 しかし、しっかりと総量規制の詳細を把握できていれば、申し込みブラックを回避しながら効率よく借り入れを実現することにも期待が持てるようになります。

-法律事務所, 債務整理
-, ,

Copyright© 人生100年なんでも相談室 , 2020 All Rights Reserved.