引越し 婚活準備

アパートの原状回復にかかる費用

アパートの原状回復にかかる費用

アパートやマンションなどの賃貸の物件を借りることになる場合には、各種の費用がかかります。また、退去する際にも入居したときと同じような状態に戻す必要があり、その扱いについて知っておくと、とても便利です。

 

 

賃貸物件を借りるときに必要な費用とは

アパートやマンションなどの物件を借りることになると、物件によっていろいろな費用がかかります。通常、礼金や敷金、仲介手数料や前家賃などがかかることになり、多い場合には家賃の6か月分くらいになることもあります。 礼金は貸主に対して支払う挨拶代わりの費用として、そのまま支払うことになるのですが、敷金というのは退去する際にかかる原状回復のために使われる費用として事前に出しておき、退去の際に使うことになるので、かかった費用を差し引いて残金が返還されることになります。 仲介手数料は不動産会社に仲介の際の手数料として支払うものになります。

退去する際にすべきこととしては

物件の契約をする際には審査があります。これはしっかりと家賃を支払うことができる人物であるのかということを収入や仕事などの関係から審査していくことになるものです。そして契約を交わすときには規約があります。その中には退去の際の申し出の期間なども明記してあります。 物件によっても違うのですが、解約をする際には退去日から逆算をして1ヶ月前や2ヶ月前といった申し出の期間を設けてあるものです。その期日を見ながら書面で手続きをしていきます。そして退去の引越しに向けて準備をしていくことになります

原状回復をするためにかかる費用

退去の引越しをする際には物件の内部をしっかりと元通りの状態にしなければならないことになっています。これは契約をしたときの規約にも明記されているものです。原状回復をすることになると、ルームクリーニングをしたり、修理が必要な箇所は修復をしていくようになります。 例えば、フローリングに傷があったり、壁や設備などに不具合がある場合には直すことになります。ですからクリーニングの費用にプラスして支払うことになるのですが、一般的にはワンルームでクリーニングは3万~5万円位で、敷金から支払って残金は借主の口座に返還される形になります。

このように、アパートなどの賃貸物件を退去する際には入居したときと同じような状態に原状回復する必要があり、その費用は事前に支払う敷金から出すことになりますが、敷金の設定がない場合には請求されることになるので、それを支払うようになります。 引越しをすることになると、引越しにかかる費用のほかにも原状回復にもお金がかかります。

-引越し, 婚活準備
-, , , , ,

Copyright© 人生100年なんでも相談室 , 2020 All Rights Reserved.