終活準備 冠婚葬祭

最後まで頼れる葬儀屋の選び方

最後まで頼れる葬儀屋の選び方

大切な故人との最後の時間がお葬式です。この最後の時を満ち足りたものにするためにも、自分たちに意見を押し付けるのではなく、その家族に合った明確なアドバイスをしてくれる頼れる葬儀屋を選ぶことは非常に重要です。

 

 

社会の変化による葬式形態の変化

近年は少子高齢化、核家族化が進み、従来とは社会の形が変化しています。それに伴い、お葬式の形も徐々に変化していることをご存知でしょうか。 従来は、故人の家族、親族、友人、仕事関係者、ご近所さんなど、広い範囲の故人を知る人がお葬式に訪れるのが一般的でしたが、昨今では超高齢化社会で平均寿命が男女ともに80代を大きく超えていることもあり、社会とかかわりを持たずに晩年を過ごす人も増えています。それにより、家族だけでお葬式を行う家族葬や、葬儀は行わずに火葬のみで済ませる直葬を選択する人が増えています

家族葬、直葬の具体的な流れとは

家族葬は文字通り参列者が家族・親族のみで行われるお葬式です。昨今では非常にこの家族葬が増えていますが、そのメリットの一つは参列者が親族のみなので、参列者に対する気遣いが少なくて済む点にあります。故人との最後の時をゆったりと過ごせ、十分偲ぶ時間が作れることが大きな利点です。 家族葬は通夜、葬儀・告別式・火葬と二日にわたり行うパターンもあれば、通夜は行わず1日で終わるものもあります。 直葬は火葬のみを行うお葬式ですが、火葬前には僧侶による読経が成され、単に火葬のみを行うわけではありません

頼れる葬儀屋の選び方のポイントとは

お葬式を取り仕切ることになった際、多くの人は未経験でどうしたら良いかわかりません。昔は葬儀屋を紹介されるまま、言いなりになって驚くような高額請求を受けるということも珍しくありませんでした。 しかし、今はインターネットなど自分で情報を取り入れられる時代です。従来の形式で行う一般葬のほかに家族葬や直葬という選択肢もあり、自分の家ではどの形態が合っているか事前にイメージしておくことも大切です。 そして、いざ葬儀社と話をした際に、自分の意見を押し付けるよりも遺族の意見に耳を傾けてくれるか、明朗会計かというのが選び方のポイントです。

お葬式は故人との最後の大切な時間です。家族としては色々と準備をしなければいけない多忙な時間でもありますが、頼れる葬儀屋を見つけることで、大切な最後の時を希望通りに演出し故人を送り出すことにもつながります。 最後の時のために家族の希望を取り入れてくれる、わかりやすい料金体系で損をした気分にならない葬儀屋を選ぶのは非常に大切です。

-終活準備, 冠婚葬祭

Copyright© 人生100年なんでも相談室 , 2020 All Rights Reserved.