ピアノ買取 中古買取

ピアノ修理にかかる費用

使っていたピアノが壊れてしまったので修理をして使い続けるか、修理費のほうが高そうなのでピアノ買取に出して処分するか、手持ちのピアノの扱い方に迷ってしまうことがあります。そんなときはピアノ修理の費用について知っておくと役立ちます。

 

 

 

普通の調律だけなら2万円以下でもできる

長年使っていなかったので音程が狂っていたり、音大受験や発表会前などで普段よりも多く練習する機会があって調子が悪いときなどは近所の楽器店やピアノを購入した店舗などに調律を依頼すれば状態を直してもらえます。一般的な定期調律なら、アップライトは1万円程度、グランドピアノは2万円程度、電子ピアノは機種やメーカーによって異なりますが、やはり1万円くらいでピアノ修理ができます。弦が切れていたり鍵盤に不具合があったりするともう少し高い値段ですが、数千円程度の差なのでそれほど大金を払う必要なありません

オーバーホールは何十万円もかかることも

何十年も使っていなくて眠っていたピアノや、歴史的な価値のあるピアノなどを弾きたいときには全体を根本的に修理するオーバーホールが必要になります。内部の弦を張り直したりフェルトなど消耗品を全て交換したり、全体を解体して調整を行ったあとで組み立て直したりするので何十万円もの費用がかかることも多く、中古のピアノが買えるくらいの請求になります。ピアノ買取だけのためにオーバーホールをするなら、アンティーク楽器として価値のある珍しいピアノ以外はそのまま買取をしたほうが金銭的に有利です

保証期間を利用すれば無料修理も可能

ほとんどのピアノメーカーは、新品を購入するとメーカー保証が付いているのでその期間内の故障や不具合なら無料で専門家に修理してもらうことができます。中古楽器を買ったときも販売店が保証を付けてくれるケースがあるので、ピアノ修理が受けられて最良の状態で演奏できるようになります。保証書はピアノ本体と一緒に分かりやすい場所に保存しておくようにして、調律の記録や修理歴などを書き込んでおくとピアノ買取のときにも修理済みであることを証明できるので査定が有利になったり、まだ保証期間内なら買取価格も上がる可能性があります

 

ピアノ買取をするか修理して使うか、修理をしてから買取するか、など選択肢はいろいろあります。今後も弾く機会があるのかを考えて、新しい楽器を買うための資金作りのために買取をしたり別の家具を置くスペースがほしいから買取に出して新しいものを買うのか、目的や予算を決めて修理やピアノ買取の計画を立てるようにしましょう。

-ピアノ買取, 中古買取
-, ,

Copyright© 人生100年なんでも相談室 , 2020 All Rights Reserved.