探偵事務所 浮気調査

報告書は裁判に使われることがある

離婚を裁判所に持ち込んで決定をするとき、相手に対して証拠を見せる必要があります。

裁判官が納得する資料が必要になります。

ですから、証拠として成立するような報告書を作成できる探偵事務所を選びましょう。


裁判のときに有力な資料として使われる

離婚は、必ず裁判が行われるわけではありません。結婚と同様に、夫婦間の話し合いで行うことができます。これを協議離婚といいます。ただし話し合いで納得ができない場合があります。その時には裁判所に間に入ってもらいます。

相手の浮気が理由の場合、相手が認めないこともあります。すると慰謝料なども得られません。証拠がきちんとあれば、それを元に判決が下されます。

浮気調査をしてもらうときには探偵事務所などに報告書を提出してもらうことになりますが、それは裁判所で使うことができる資料になりうるかどうかを確認しないといけません。

写真には日時や機材などがきちんと記載

写真を撮影するとき、フイルムカメラの場合は日付の情報などがありませんでした。ですから日時の情報を印刷情報として記録して日付を確認する必要がありました。

今はデジタルカメラが主流なので、デジタル情報として記録された日時の情報があります。浮気調査を依頼すると報告書の提出を受けることになりますが、写真に対する情報をきちんと記載されているかどうかを確認しましょう。

撮影日時であったり、場所、撮影機材などの情報があると、その時に撮影されたことがわかりやすくなります。単なる写真だけだと証拠になりにくいこともあります。

対象人物に動きがない場合には何もなしでよいか

仕事などでは、何か結果があればそれを記載することができます。しかし結果が得られないと、行動はしていても書くことができない場合があります。

すると何もしていないように感じます。浮気調査の報告書においては、対象人物に動きがない場合には、動きがない旨の情報を記載してもらう必要があります。会社からまっすぐ自宅に帰っているなら、その証拠になる写真を添付してもらいます。

もちろんこれ自体は浮気の証拠にはなりませんが、何もしていない証拠になります。動きがなかったからと情報がないと、本当はどうだったのかがわかりません。

まとめ

浮気調査をしてもらうとき、報告書に写真が添付されることがあります。場合によってはかなり重要な情報になることがあります。

信憑性を持たせるためには、日時や時刻などの記載が必要で、場所なども記載するとわかりやすくなります。

-探偵事務所, 浮気調査
-, , , ,

Copyright© 人生100年なんでも相談室 , 2020 All Rights Reserved.