終活準備 冠婚葬祭

葬儀に必ず必要になる費用

葬儀に必ず必要になる費用

葬儀で必ずかかる費用は、敷き自体にかかるお金と宗教関係に支払うお布施、接待費に分けることができます。これらは節約しても必ず用意しなければならないお金になり、参列者の人数によっても金額が変わってきます。

 

 

規模によっても費用は変わってきます

葬儀で必ず必要になる費用で一番大きな物が、葬儀そのものにかかるお金です。一般的にはお通夜をして葬儀告別式といった流れになるのですが、例えば家族葬といったプランでは、参列者の人数を少なくすることができるので料金も安くすることができます。 また近年ではお通夜を行わない一日葬であったり、そのまま火葬場で供養をする直葬といったプランを利用する人も増えています。 これらのプランを利用する場合には、葬儀に必要なものがプランにすべて含まれているケースが多いので安心してお見送りをすることができます。

宗教によって、お布施の金額は変わります

葬儀のやり方にもよりますが、別に用意しなければならないものにお坊さんなどに支払うお布施があります。お布施に関してはいくらといったような決まった金額がなく、例えば自分がお世話になっているお寺によってお布施の金額が変わっていたり、葬儀社などの紹介によってお坊さんなどを手配してもらうケースでは、手配してくれるところによって金額が決められていたりします。 また宗教や宗派によっても必要になるお布施の金額は変わってきます。必ず必要になる費用でもありますので、よくわからない場合には葬儀社に相談をするとよいでしょう。

その他に用意しなければならないもの

その他に必ず用意するものに、参列者に振る舞う料理などの接待費があります。これは参列者の人数によって大きく変わってきますし、料理の質や用意する飲みのもの量によっても費用がかわってきます。また返礼品を用意しなければならないので、葬儀全体にかかる金額の中でも大きな割合になってしまうこともあります。 また参列者が宿泊する場合などには布団代や場合によっては宿泊費なども用意するケースもあります。接待費に関してはいくら用意すればいいのかは、ケースによって大きく違い参列者の人数次第といえるでしょう。

葬儀に必要な金額は大きく分けると、お通夜や告別式、火葬などの敷き自体にかかるお金と宗教関係者に支払わなければならないお布施、そして精進料理や通夜ぶるまい、返礼品など参列者に対する接待費に分けることができます。 参列者によって金額が大きく変わってくる場合もあるので、事前にどれくらいの人数になるのかを把握しておくことが大切になります。

-終活準備, 冠婚葬祭

Copyright© 人生100年なんでも相談室 , 2020 All Rights Reserved.