子育てサプリ 結婚生活

小学校高学年の成長期に備えよう

身長の高さは第一印象を決めることになるものであり、少しでも高くなりたいと思われる方が多くいます。特に子どもの身長に関心を持ち、伸ばしてあげたいと思う保護者は多いものです。身長の伸びは第二次性成長期に一番影響が出ます。

第二次性徴期の身長の伸びについて

成長期といわれるのは一般的に10歳から15歳くらいです。これは子ども体から大人の体へと変化していく時期であり、一生の中で一番心身ともに様々な成長をする時期でもあります。ホルモンの分泌が活発化し、顔つきが変わり脇毛やすべ毛、陰毛、ひげなどの毛が生え始めます。女子は生理が始まり胸が膨らんでくる時期でもあります。このような変化の中で身長においても特に伸びが良い時期であり、この時期を終えると伸びは緩やかにそして止まっていくということになります。ですから身長を伸ばしたいという場合には成長期に備えて日々の生活習慣がとても大切です。

身長を伸ばすためにできることについて

第二次性成長期において男子では平均で15~25センチ、女子は7~15センチの身長の伸びがあります。ですから、小学校高学年くらいから始まるこの伸びが開始する時の身長が最終身長を決めるということにもなるのです。骨や筋肉の成長は成長ホルモンが大きく関わっています。普段の生活の中でそのホルモンを多く分泌させることを心がけます。成長ホルモンが分泌されやすい時間帯が夜中です。そのため夜更かしせずしっかりと良質な睡眠をとることを小さなうちから備えておくことが必要です。また、適度な運動をすることでホルモンの分泌が活発化します。

身長を伸ばすためのサポートになるもの

生活の中で身長を伸ばすためにできることは上記以外に栄養分の摂取が大切です。バランスのとれた食生活、特に小学校高学年からは意識的にカルシウムやミネラル、ビタミンなどを摂れるように心がけます。そして、普段の食生活の中でなかなか摂りにくく、でも身長を伸ばすために必要な栄養素を身長サプリで摂るのも良い方法です。これにはアルギニンという身長を伸ばすために必要な成分が配合されていることで体の成長を促す効果につながります。小学校高学年くらいからこういったものを取り入れて成長を見守っていくことは親としてできることでもあります。

小学校高学年から始まる成長期において、様々な知識を持つことで最終的な身長を伸ばすことにつながっていきます。普段の生活の中でできることを習慣化していくことで無理なく、元気に成長していける子どもを見ていくのは親としても幸せなことであり、子どもに対してのプレゼントでもあるはずです。心と体が無事大きく成長していけるサポートは積極的にすべきことでもあります。

-子育てサプリ, 結婚生活
-, ,

Copyright© 人生100年なんでも相談室 , 2020 All Rights Reserved.