AGA治療 婚活準備

10代の薄毛は何かの病気?

10代の薄毛はAGA(男性型脱毛症)の一種の若年性脱毛症の可能性があります。生活習慣の乱れやストレス、遺伝、病気などが原因で起こることがあります。若くても薄毛のリスクはあるので、生活のリズムを整えることが対策になります。

 

 

10代の薄毛は若年性脱毛症の可能性も

男性の薄毛の原因で多いのはAGA(男性型脱毛症)で、この中の分類で10代という若い時期に薄毛が目立ってきてしまうのが若年性脱毛症という病気です。 AGAも若年性脱毛症の一種で、AGAの特徴である髪の生え際や頭頂部が薄くなるというような症状が現れます。これは若ハゲと呼ばれることもあります。 原因として多いのが、食生活の偏りや運動不足、睡眠不足などの生活習慣の乱れ、ストレス、遺伝、などです。場合によっては病気が隠されている危険性もあるので、この場合はその病気の治療をまず優先することが必要です。

若年性脱毛症になりやすいのはどんな人?

若年性脱毛症になりやすいのは、病気が原因ではないのであれば、生活習慣が乱れていたり、過度なストレスに晒されている、人です。遺伝も薄毛の原因として大きく関係してくるので、親が薄毛だと子どもも同じような体質になることもあります。 ただし、遺伝だけで100%決まるわけではないので後天的な生活習慣やストレスの影響も考慮しないとなりやすさは判断できません。 肉料理やファストフードなどが好き人、スナック菓子などが好きな人、は要注意です。こういう食事は皮脂が多くなり、毛穴が詰まって脱毛症の原因になります。

ストレスも若年性脱毛症の原因になる

受験勉強や友達、家庭での人間関係などのストレスを感じやすい人も注意が必要です。10代は何かと多感な時期なのでストレスを受けずに生活するのは難しいですが、あまりにもイライラが続いていると自律神経のバランスが崩れて血流が悪くなります。 髪の毛も体の一部なので、血液から栄養を受け取って伸びていますが、血液のめぐりが悪くなって髪に十分な栄養素が届かなくなると髪が成長しづらくなる可能性があります。さらに勉強やゲームなどで睡眠不足が続いていると日中に髪が受けたダメージを修復できなくなるので、髪へのダメージが蓄積してしまいます

いかがでしたか?そういえば10代の頃から髪が薄くなってきたなと思い出した人もいるのではないでしょうか。遺伝はどうしようもありませんが、食生活や睡眠不足、過度なストレスといった原因が思い当たる人はこれから気をつけてみるといいでしょう。 それだけで改善しなくても、今ではAGAに有効な育毛剤も登場していますし、通販なら化粧品などと記載して届けてくれるのでバレずに使えます。

-AGA治療, 婚活準備
-, ,

Copyright© 人生100年なんでも相談室 , 2020 All Rights Reserved.