AGA治療 婚活準備

皮脂汚れが頭皮に良くないのはなぜ?

薄毛は20代~30代から徐々に進行し始めます。頭頂部から薄毛が進行してきた場合、普段の整髪時になかなか気づかず、気づいたときには手遅れになっていることも多いです。そうなる前に、毎日の頭皮のケアをしっかり行うことが重要です。

 

 

皮脂汚れが頭髪に良くない理由とは

人間の皮膚においては、皮脂腺から分泌された皮脂が毛穴を通じて皮膚の表面に流出します。これが皮膚表面に残ったのが皮脂汚れです。この皮脂汚れは毛穴の中にもたまります。特に頭の皮膚においては頭髪に良くない影響を及ぼします。毛穴が皮脂で詰まってしまうと、毛穴から生える頭皮の成長が阻害されてしまうのです。さらに、頭皮が固い人は要注意。そのような方の頭の表面では血行が悪くなっていることが多く、毛髪の成長に必要な栄養分が供給されにくくなるばかりか、皮脂が過剰に分泌される原因にもなります。

皮脂が詰まっていると育毛剤の効果も半減

また、薄毛の予防や進行抑制のために、育毛剤を使用する方も多いと思います。育毛剤には、血行促進するためのものや発毛を積極的に促進するものなど、さまざまな種類のものが存在しますが、どの育毛剤も、基本的には、主に頭皮の毛穴から皮膚内に浸透します。つまり、毛穴から浸透しなければ育毛剤の効果は発揮されません。しかし、毛穴に皮脂汚れが詰まっていると、その皮脂汚れが育毛剤の吸収を阻害してしまいます。せっかく育毛剤を頭皮に振りかけても、そのほとんどは毛穴に吸収されずに流れ落ちるだけで、その効果も半減してしまうのです。

皮脂汚れをしっかり落とすためのポイント

薄毛を防ぐには、毎日のシャンプーによって頭皮を清潔に保ち、毛穴に詰まった皮脂汚れもしっかりと落とすことが重要です。中途半場な洗髪で済ましていると、毛穴に皮脂が残ったままとなり、次の日に発生した皮脂がさらにたまって、すぐに毛穴が皮脂だらけになってしまいます。また、朝しかシャンプーをしない方も時折いらっしゃいますが、シャンプーは就寝前がベスト。というのも、髪の毛は夜眠っているときに成長するからです。夜の洗髪でしっかりと毛穴の皮脂を落としておけば、就寝中に毛穴から毛髪が成長しやすくなります

このように頭皮の皮脂汚れは、毛穴のつまりを引き起こし、毛穴からの毛髪の成長を阻害します。しっかりとシャンプーを行うことにより、毛穴に詰まった皮脂をすっきりと落とした上で就寝することが重要です。また、育毛剤は、シャンプーで皮脂をきれいに落とした直後に使用すると効果的。毛穴の皮脂がすっきりと落ちていると、育毛剤が毛穴に浸透しやすくなります。

-AGA治療, 婚活準備
-, ,

Copyright© 人生100年なんでも相談室 , 2020 All Rights Reserved.