終活準備 ダイエット

女性の方必見!お腹がすっきり引き締まるダイエット方法

Sporty girl with slim body and picture of fat woman

引き締まったクビレがあるお腹は、女性であれば誰もが憧れるでしょう。ですが、ダイエットを頑張ってみても中々結果が出ないと悩む人も多いようです。お腹が太ってしまう一番の理由はお腹に脂肪が付きすぎる事です。

お腹をすっきりスリムにしたいと思っているのであればダイエットに励む時にお腹の脂肪を燃焼する事を意識しましょう。お腹のお肉は他の部位に比べるとわりと簡単に落とす事が出来るので、がんばる価値はあると思います。

できる限り長時間体を動かす

お腹を引き締めるにあたり大切な事は、運動を続けて行う事です。基本的に、お腹の筋トレとジョギング、さらには食事を少な目にとる事でお腹は引き締まります。腹筋ローラーといった、効果を早く出すお腹の筋トレをできる器具もありますがわざわざ器具を使わなくても上半身を起こすだけの筋トレでも効を発揮する事が出来ます。お腹のダイエットのな場合腹筋に過度な負担をかけるよりも、軽い負担で毎日続ける事が大切です。

お腹に蓄積された脂肪を燃焼する事が出来れば、基礎代謝の高い体になりながらダイエットに励む事ができます。ジョギングではお腹を引き締める事だけに限らず、二の腕や脚など体全てのダイエットになるため、是非行いましょう。お腹を引き締める事はもちろん、引き締まったお腹とバランスが良い体形になれるので、ダイエットにジョギングをしている人がとてもおおいです。

日ごろ姿勢が悪い方は姿勢を正そう

日ごろから姿勢が悪いと、お腹がなかなか引き締まらない要因になってしまいます。クビレのあるお腹を目指すなら腹圧の保持や姿勢を良くする事を日々心掛ける事が大切です。姿勢が悪いせいで、内臓が本来あるべき場所から前に出やすくなり、下っ腹が出てしまう人が沢山います。

Fit woman wearing too large jeans

椅子に座った際に、背中を後ろにそらせ重心が後ろにある状態でいると、下っ腹が出ているようにも見えてきます。椅子に腰かける時は骨盤矯正要のクッションを利用する事で、重心をまっすぐにして、猫背を改善させる事ができます。腹圧コントロールするためには、深く息をすう際にお腹を膨らませる呼吸方法をする事で深層部の筋肉を鍛えましょう。腹式呼吸をなれるまでは仰向けで実践してみましょう。

寝ている際に、ベッドの中でお腹を引き締める事をしたいのであれば腹圧調整を取り入れるといいでしょう。お腹を引締めたいといえば、腹筋をすると思い浮かべる人が多いですが腹筋はやり方を正しく行わなければ、深層部の筋肉まで鍛える事が出来ません。

また、内臓脂肪が付きすぎてしまっているならば、低カロリーを意識する事、有酸素運動を同時に行うといいでしょう。アルコールやお菓子は程々にして、炭水化物や糖質を制限し、野菜や海草類を多くとるようにしましょう。適度な運動と、食事バランスを見直し腹圧調整や腹筋を取り入れ素敵なクビレを手に入れましょう。

有酸素運動を取り入れたダイエットが重要

Bathroom scale with measuring tape

ダイエットを成功させるには有酸素運動が必ず必要です。減量したい人や、理想のスタイルになりたいという方は、ダイエットを頑張るといいでしょう。

有酸素運動は、食生活の見直しや、生活習慣の改善、エステなどを利用する中でも一番有効なダイエット方法です。

有酸素運動とは、呼吸しながら長時間続けていられることにあり、体中で酸素を消費しながらできるジョギングなどをいいます。短距離走や、ダンベル運動など、一時的に筋肉を使う運動を無酸素運動といい、筋肉をつけたいと思っている方がよく行っています。無酸素運動は、一回に行える運動の時間が短いので、体脂肪の燃焼が始まる前に終わってしまいます。関節や筋肉にかかる負担で考えると無酸素運動のほうがあるため、ジョギングやウォーキングなどの有酸素運動のほうが、体を痛めるリスクが小さめです。有酸素運動がダイエットに良いとされているのは、特別運動神経がよくなくてもできることにあります。

有酸素運動を継続しよう!

ダイエット成功したい方、まず大切なことは、生活習慣を見直すこと、バランスよく食べることと、有酸素運動を継続して行うことです。

減量したいけれど、どんな方法が自分に合っているかわからないなら、有酸素運動をとりいれてみましょう。ダイエットの成果がでる方法はいくつかありますが、有酸素運動は、他のダイエット方法に比べると直接的に効果がでることで体重を減らすことができます。運動をしている状態でも普通に呼吸をすることができて、数十分ほど継続できる運動が有酸素運動といいます。

Healthy trail running

例えばジョギング等の運動ですね。体内に溜まりに溜まった脂肪を燃焼し、運動を継続するための動力源にします。有酸素運動をすることで、体内に溜まってた脂肪の燃焼がすすみます。無酸素運動とは短い時間の瞬発的な運動のことさし、ダンベルなどを利用した筋肉トレーニングなどのことをいいます。筋肉内にあるエネルギーを早くに消費し、筋肉を鍛えることが無酸素運動です。有酸素運動をする際には、無酸素運動も一緒にすることでダイエットの効果を高めることができますが、あまり運動が好きではない方には不向きでしょう。

体内にあるカロリーを使ってしまいたくても、無酸素運動はちょっとの時間しか継続をすることができません。運動を継続してダイエットに活かしたいといったときには、有酸素運動を続けることがスリムな体につながります。日々、体を動かすことがあまりない方でも、有酸素運動のような気軽にできる運動なら、一度がんばってみることができるでしょう。

こんにゃくはダイエットに効果がある?

Side profile of the legs of a woman standing on a weighing scale

全然関係のない話題ですみません(笑)。

こんにゃくは、食物繊維が沢山含まれており、ダイエットの強い味方の食材として、多くの方が食べています。こんにゃくは重いので不安になる方もいるかもしれませんが、こんにゃくの成分のほとんどが水分であり、カロリーが低い食材です。ほとんど味がないこんにゃくをおいしく調理するには、炒め煮にしたり、出汁と一緒に煮込むことで、食べやすい味に仕立てます。

こんにゃくを使ったダイエットメニューには様座なものがあり、こんにゃくのリゾットやそうめん、パスタ、さしみなどがあります。自分なりの調理ができるという点と、様々なパターンのものを食べられるのが、こんにゃくダイエットの魅力です。低カロリーであることの他にも、こんにゃくがダイエットに良いとされる理由があります。ダイエットをしている方にとっては食物繊維は強い味方であり、食物繊維が豊富なこんにゃくは最適な食材といえます。食物繊維はダイエットの強い味方だけでなく、便のかさを増やして便通を良くし、腸内環境をととのえてくれます。

こんにゃくでダイエットをするさいに、頭にいれておくことがあります。いくらこんにゃくがダイエットに適しているといっても、こんにゃくを摂取しすぎないようにしましょう。こんにゃく以外には手をつけていない状態になると栄養バランスが怠ります。逆に健康を損なう恐れがあります。ダイエットメニューをつくる際にこんにゃく利用することは良いことですが、こんにゃくだけでは補えない栄養成分は他の食品でとれるようなメニューしましょう。

-終活準備, ダイエット

Copyright© 人生100年なんでも相談室 , 2020 All Rights Reserved.