中古買取 クルマ買取

車内のたばこの臭いは買取価格を下げる

喫煙車は買取価格が下がってしまう傾向にあるので、たばこを吸う人は覚えておく必要があります。 この事実を知らないと対策をしないままに査定に出して、安く売ってしまうということがあるので、知識を身に着け対策をしてから査定を受けることが大切です。

プラスの要素になるということはない

車内にたばこの臭いが染み付いている車があったとして、買取価格を下げる要素になっても上げる要素にはなりません。 その理由としては臭いは特別気にならないという人はいても、臭いがするほうが良いという人はいなくて、絶対にたばこ臭が染み付いている車は嫌だという人は少なくないためです。 気にしない人はいてもそれが良いという人がいなくて、逆に絶対に嫌だという人がいる以上はよくてプラスマイナスゼロ、悪ければ車の人気以上に価格を下げる要因となってしまうため喫煙車を売るときには注意しなければなりません。

乗っている本人は気づきにくいので注意

たばこを吸う人は本人は慣れているだけに、車内に臭いが染み付いていても気にならないあるいは気づかないものですが、吸わない人からすればかなり気になるということは多いのでそのことをよく理解しておく必要があります。 本人は車内が無臭だと思っているかもしれませんが、吸わない人からすれば悪臭が漂っているということがあります。 これを理由に買取価格を下げられると不当に安く買おうとしているのではと思ってしまうことがあるだけに、喫煙車を売りに出すときには吸わない人に確認をしてもらうと安心です。

査定に出す少し前から消臭をしておく

車内に染み付いたたばこ臭というのは、簡単に落ちるものではありませんので売る予定があるのであればその少し前から消臭をするようにしておくと買取価格が下がるのを抑えることができます。 消臭の方法としては消臭スプレーを吹きかけたり、天気のいい日に日光に晒しドアも開けて換気をすると消臭効果を期待することができます。 避けたほうが良いのは芳香剤を使用して誤魔化すという方法があり、芳香剤も人によって好き嫌いがあるので場合によってはたばこよりも嫌いということで値が下がってしまうこともありえるため注意をしましょう

たばこの臭いが車内に染み付いているのは、マイナスになってもプラスになることはないので買取価格を下げてしまう要因のひとつとなります。 完全に消臭をするのは難しいかもしれませんが、最低限の消臭をしておくことによって減額の幅を小さくすることができますし、元がそれほどひどくないのであれば消臭をすることで減額されなくなることもあるので、売りに出す前の消臭は大切です。

-中古買取, クルマ買取
-, , , , , , , ,

Copyright© 人生100年なんでも相談室 , 2020 All Rights Reserved.