法律事務所 債務整理

債務整理すべき年収に対しての借金総額

年収に対して借金総額の割合が高まると、返済が困難となり生活を圧迫する可能性が高くなります。その影響は大きく、生活の破綻を招くことも想定されるようになりますが、適切な対処を行うことにより事態を打開することもできます。

 

 

借金総額が年収の2割から3割が分かれ目

一般的に、住宅ローンなどの金利の低い安定的なローンであれば返済額は年収の2割程度でも安全とされていますが、金利の高い通常ローンであればその意味が変わってきます。特に年収が平均値よりも低い方の場合には借金の割合がより低くても生活の破綻を引き起こしやすくなります。 50万円の借金であれば債務整理すべき年収の目安は200万円前後となるでしょう。借金総額が30万円であった場合には150万円前後が債務整理すべき年収と言えます。負担の大きい借金の返済を軽減することにより、本来の生活を取り戻すことができるのです。

正確に自分の借金総額をチェック

もちろん債務整理すべき年収は人によって異なりますので、目安として提示することになりますが、大きく違ってはこないものと考えて良いでしょう。返済プランをシミュレートするアプリもありますが、実際に数値を入力して返済を考えた場合、自分の年収と借金総額のバランスがかなり不安定であることが見えてくると考えられます。 その状況を改善し、借金をしっかりと返済できるようにするためには、債務整理を実行していくことが最も有効です。借りたお金は返済することが原則ですので、どのように債務整理をするのかを検討しましょう。

法律事務所への相談がベストな選択

借金をしている金融機関への交渉によって、より返済しやすいプランに変更してもらったり、返済金額の調整をしてもらったりといった改善を実現することができます。任意整理となりますので、その実行には専門の知識を有している法律事務所に依頼することがベストです。 様々な事例を取り扱っているために、金融機関との交渉に関するノウハウも豊富です。借金の相談については迷ったらまずは法律事務所へと覚えておいて損はないでしょう。 借金返済の目処が立てば、そこからはゴールに向かっていくだけです。借金のない生活を目指して頑張りましょう

債務整理すべき年収と借金総額の関係は、自分で考えてもなかなか答えが見つかりにくいものです。法律事務所にきちんと相談し、債務整理に関して検討することが重要です。 とても苦しい借金返済についてしっかりと向き合い、適切なアドバイスと問題の解決に動いてくれる法律事務所は、きっと大きな力となってくれることでしょう。

-法律事務所, 債務整理
-,

Copyright© 人生100年なんでも相談室 , 2020 All Rights Reserved.