AGA治療 婚活準備

多くの男性が抱えるAGAの悩み

AGAという言葉をメディアを通して見聞きすることが多くなってきました。

これは男性型脱毛症の略称で、簡単に言えば抜け毛や薄毛に悩まされる症状のことです。

老化による場合とことなり、AGAの場合は、男性ホルモンや遺伝による影響が多いことに特徴があります。


男性ホルモンや遺伝による脱毛症

親族が集まったときに、男性陣の頭を見たときになんとなく共通して薄かったり、また脱毛に至るパターンが共通していたりすることに気が付いたことがある方も多いことでしょう。頭髪が薄くなるパターンは、絶対的ではないにしろ遺伝が影響していることは間違いありません。

AGAによる脱毛は、テストステロンと呼ばれている男性ホルモンが主に影響しています。直接的な原因は、このテストステロンではありますが、この男性ホルモンの量や分泌パターンはやはり遺伝によるところが大きく、近い身内にこの脱毛症の人がいれば、自分自身にもいつか発症する可能性があることを自覚しておいた方がよいでしょう。

AGAの発症に年齢はあまり関係ありません。

AGAは発症してから薄毛・脱毛に至る段階が非常にゆるやかに進行していくために、若い間はなかなか自覚症状がありません。しかし、実際には思春期を過ぎるころからAGAになる可能性は十分にあります。

若い時はあまり気にならない場合が多いことと、またゆっくりとした症状の進行ゆえに、頭髪の変化に気が付きにくいため、意識的に自分自身がAGAでないかどうかチェックすることが大切です。

できれば一度、手近なクリニックへ赴いて、頭髪の状況を見てもらいAGAかどうか判断してもらうようにすると良いでしょう。下手に自己診断するよりもよほど確実です。

自己治療に挑戦するよりは素直にクリニックへ

今巷では、様々な発毛剤や育毛剤が市販されており、手軽に入手することができるようになっています。例えばミノキシジルは、ドラッグストアでも入手可能な発毛医薬品成分です。このミノキシジルですが、いわゆる血管を拡張する効果があり、血流をよくすることで発毛を促そうというものです。

気軽に入手することはできるのですが、ミノキシジルには副作用もあり、その利用にあたっては十分な知識と配慮が必要になってきます。素人判断で手を出してしまっては、結果的にマイナスの方が大きかったということにもなりかねません。

そういう事態を避けるためにも、クリニック等に相談し、その指導を受けながら頭髪の治療を行うのが最善です。

まとめ

また薄毛や脱毛は必ずしもAGAばかりが原因であるとは限りません。ストレスや食生活の乱れ、あるいは不規則な生活習慣等によっても頭髪はダメージを受けてしまいます。

頭髪に不安があるようでしたら、まずはそうした生活習慣も見直すようにすることが大切です。

-AGA治療, 婚活準備

Copyright© 人生100年なんでも相談室 , 2020 All Rights Reserved.