AGA治療 婚活準備

薄毛はどのくらいの髪の量から?

1日に50~60本を大きく超えて髪が抜けるようなら、薄毛が始まっていると考えられます。ヘアスタイルがうまくまとまらない場合も髪の量が減ってきています。早めに育毛剤を使用して、抜け毛の進行を食い止めてください。

 

 

どのくらいの髪の量で薄毛になる?

薄毛には明確な定義はなく、本人が薄いとコンプレックスを感じていたり、周りから見て明らかに薄いと思われる状況が該当します。どのくらいの髪の量からといえば、ヘアスタイルがうまく決まらない程度と言えます。左右から髪を引っ張ってこないとカバーできない状態なら、薄くなっていると考えてよいでしょう。 髪を染めていたり、洗髪をサボっていたりすると薄毛になりやすいです。抜け毛が増えるのは最もわかりやすい自覚症状です。1日の抜け毛本数は50~60本が正常と言われており、それを大きく超えると問題があります。

薄くなったらすぐに対策をして予防を

自分は薄毛にならないと考えている方は少なくありません。しかし、薄毛は生活習慣病の一つでもあり、男性にとって肥満と同じくらいポピュラーです。少し薄くなったと感じたら、気のせいではないと考えましょう。最初の対策は抜け毛を減らすことであり、洗髪後の抜け毛量を目安にしてください。頭皮状態と抜け毛量は比例するので、抜け毛が減ってくれば頭皮は元気になっています。 具体的な対策は育毛剤とマッサージがおすすめであり、これで初期の薄毛はほぼ解消できます。生活習慣の改善では、ストレス対策、夜ふかしをしない、禁煙する、などが重要です。

どのくらいの髪の量から育毛剤が必要?

育毛剤は初期脱毛にも効果的ですが、薄くなっていない時期から使用しても問題ありません。予防をする目的もあるので、親が薄毛という男性は早めの使用をおすすめします。20代から使用しておけば、加齢による髪への影響を最小限に抑えることができます。 男女共用タイプの育毛剤は刺激が弱いので、どのような頭皮状態の男性でも使用することができるでしょう。育毛剤を塗布した部位は濡れるので薄く見えてしまいますが、乾燥すれば目立たなくなります。使用期間は6ヶ月を目安とし、日課にしてしまうことがコツです。

抜け毛の増加を放置すると薄毛につながるため、若いからと安心してはいけません。20代でも薄毛になる可能性は十分にあるため、髪の量、抜け毛の量には敏感になっておきましょう。ヘアスタイルを整えるのに時間がかかるようになったら、全体的な密度が減っていると考えられます。育毛剤で毛根に活力を与えながら、頭皮を元気にしていきましょう。

-AGA治療, 婚活準備
-, ,

Copyright© 人生100年なんでも相談室 , 2020 All Rights Reserved.