AGA治療 婚活準備

毛根の皮脂汚れが薄毛につながる理由

薄毛は年配の人の症状と思われがちですが、近年では20代、30代の方にも増えてきています。若い人にも薄毛が生じる理由の1つとしては、皮脂汚れが挙げられます。頭皮の毛根に皮脂がたまっていると、毛髪の成長が妨げられるのです。

 

 

毛根の皮脂汚れが頭髪によくない理由

皮脂汚れとは、皮膚の下にある皮脂腺から分泌された脂分が毛穴を通して皮膚の表面に流れ出し、残存したものです。分泌される皮脂が多い場合は、この皮脂の一部が毛穴の中に残りやすくなります。さらに量が多いと毛穴が皮脂でいっぱいになって毛穴が詰まってしまいます。そうなってしまうと、毛穴の中の皮脂によって毛髪が伸びるのが阻害されてしまい、毛髪が成長しにくくなってしまいます。また、毛穴の中に皮脂が詰まったままになっていると、その皮脂によって頭皮に炎症が起こりやすくなり、抜け毛も進行しやすくなります。

皮脂汚れが頭皮にたまってしまう原因

毛根に皮脂汚れがたまる原因の1つは、毎日のシャンプーで皮脂を十分落とし切れていないことが挙げられます。また、食生活や生活習慣にも注意が必要です。例えば、普段から唐揚げやとんかつなどの脂っこいものばかり食べている、あるいは、毎日の飲酒量がかなり多い場合、そのような食生活が皮脂の分泌を増やしてしまっている原因かもしれません。さらに、ストレスや不規則な生活習慣も皮脂の分泌量が多くなる原因です。そのような状態が続いていると、余分な皮脂が頭皮に残り、毛根が皮脂で詰まりやすくなるので注意が必要です

皮脂汚れをしっかり落とすためには

過剰に分泌されて毛穴に詰まってしまった皮脂は、毎日の洗髪でしっかり落とすことが重要です。毛髪は夜中寝ている間に成長します。就寝前の夜の洗髪で皮脂を落とし切れていないと、夜中に毛髪の成長が妨げられてしまいます。洗髪で皮脂をよく落とすには、まず頭皮の汚れをお湯でよく落とし、シャンプーをよく泡立ててること。そして、頭皮全体をマッサージするように、毛穴から皮脂を絞り出すように揉むことが重要です。もう1つ大事なのは、シャンプーで頭皮を洗った後、シャンプーが残らないようによく頭皮をすすぐことも大事です。

皮脂汚れが毛根につまらないようにすることが薄毛防止の第一歩。そのためには、まずは、日々の食生活や生活習慣を改善することにより皮脂の過剰な分泌を抑制し、余分な皮脂が毛穴に残らないようにすることが重要です。これに加えて、就寝前の毎晩の洗髪において、頭皮をシャンプーでしっかり洗い、こびりついた皮脂をよく落とすことも大事です。

-AGA治療, 婚活準備
-, , ,

Copyright© 人生100年なんでも相談室 , 2020 All Rights Reserved.