終活準備 冠婚葬祭

葬式に必要な時間とスケジュール

葬式に必要な時間とスケジュール

葬式を執り行う立場になることは、長い人生の中でもそう頻繁にあることではありません。

だからこそ、いざ執り行うとなれば時間配分や流れは気になる点となるのではないでしょうか。

流れを知ることがスムーズに進めるコツとなります。


葬式の内容や大まかな流れについて

葬式と一口にいっても今の時代は考え方も変わってきています。一日で全てを終えることができる一日葬など、スピーディーな式を好む人も多くなりました。昔ながらの葬儀の場合には、ご臨終の翌日に通夜があり翌々日に葬儀や告別式といった流れとなっています。

最終日には、朝から始まり全てが終了するのは夕方になることになります。しかしこれは、スムーズに進行していて時の流れとなっています。式場や業者など予約しなくてはならないところの予約が取れないと、数時間どころか数日ずれてしまうことも珍しくはないことは頭に置いておくべきです。

葬式の時間配分で気をつけるべき点

急遽執り行うことが多いことであり、滅多にあることではないので何から手を付ければ良いのかわからないという人も多いです。その場合には、時間配分もわからないのは当然のことではないでしょうか。配分は業者でスケジュールの調整や、内容を考えてくれるので任せておけば問題ありません。

しかし挨拶など、遺族が行わなくてはならないことは、長くなりすぎないように注意しておかなくてはなりません。少しずつの時間の遅れが、最終的に終わる時間には大きな影響を与えることもあります。参列者の負担にもなりかねないので注意しましょう。

時間と業者選びのポイントについて

葬儀業者をあらかじめ決めておいても、既に予約が入ってしまっていることもあります。その場合には、イメージしているよりも日数が必要となります。当日の流れや喪主、担当者は業者と話し合って決めることになりますがその際に時間の配分もきちんと確認しておくようにしましょう。

スムーズであるのは勿論のこと、納得できる式にしたいと考えるのは当然のことであり、誰もがいつかは必ず最後の瞬間を迎えることになります。だからこそ、事前に流れはある程度把握しておいたほうが、良い時代になってきていることは間違いないのではないでしょうか。

まとめ

様々なスタイルの葬式が受け入れられるようになった今の時代だからこそ、選択肢が豊富になったのは良いことと言えます。

その中で時間のことも考えより納得できる式にするということが、遺族のできる最後のことと言えるのではないでしょうか。

-終活準備, 冠婚葬祭
-, , , , ,

Copyright© 人生100年なんでも相談室 , 2020 All Rights Reserved.