お肌ケア 美容

タバコをやめてきれいな肌になろう

タバコをやめてきれいな肌になろう

タバコが招く肌への悪影響とは?

タバコは肺を真っ黒にして肺癌にかかりやすくなるなど、健康に関するタバコの影響についてはおそらく喫煙者の方もご存知のことでしょう。なぜタバコは健康に害があると言われているのでしょうか?それはタバコに含まれている成分に毒性があるからです。

 

毒性といっても、合法的な範疇である以上は毒とは言うことはできませんが、体に良いものではありません。ニコチン、タール、一酸化炭素、シアン化水素などが成分として含まれており、それらはどれも有害物質であることが分かっています。

 

しかもタバコには中毒性があるので常習するなら、血中に有害物質が溶け込んだり、血行が悪くなったり、代謝が不安定になります。そのため、肌に送られる栄養分が不足し、有害物質が肌に浸透したり、代謝不足によりキメが悪くなったり敏感肌になるなど肌にも大きな悪影響が出てきます。

 

さらにビタミンCも大量に消費されるため、コラーゲン生成のサポートがうまくいかなくなり、ハリやキメを失ってしまいます。それに加え、ビタミンC不足によってメラニンの生成も促されるため、シミもできやすくなってしまいます。このようにタバコは健康面だけでなく、美容面にも大きな悪影響を与えるのです。

 

タバコをやめるとキレイな肌になれる?!

タバコをやめるのであれば、そのやめた時点からの健康や美容への悪影響は無くなりっていきます。それは、タバコによる肌トラブルの進行を抑えるという意味があります。体の内臓や血液機能の働きが元の状態に戻るため、代謝やビタミンCも通常どおりに働くようになりますので、肌のツヤやキメを復活させることができます。

 

また。肌に有害物質が送られることもなくなるので、肌荒れやくすみも改善されていきます。しかし、これはかなり理想の状態であって、現実はタバコをやめたとしても、その余波は短からず続くことになります。つまり、タバコの害は、タバコをやめてすぐになくなる、というわけではないのです。肌にすでに溜まってしまった有害物質や色素を消すためには時間を必要とします。

 

もしタバコの影響で敏感肌へと変わってしまっているのであれば、スキンケアに時間をかけて少しづつ肌の調子を元の状態へと整えていく必要があります。

 

タバコを吸っていない人レベルの美肌まで戻すことは不可能かもしれませんが、タバコを吸い続けるよりもすぐにやめたほうが良いのは明白です。もし今現在タバコを吸っているなら、お肌と健康のためにやめてみることを考えてみてはいかがでしょうか?

記事作成者

白石結

美容が趣味の主婦です。美容グッズを集めたり使用したりするのが趣味です。
いちご鼻については、自分でも悩んでいて、色々調べて改善できましたので
その体験を皆様にもお伝えしたいと思いサイトを作りました。
よろしくお願いします。

-お肌ケア, 美容
-, , , , , , ,

Copyright© 人生100年なんでも相談室 , 2020 All Rights Reserved.