歯磨き 美容

歯に色がつきやすい食材と飲み物

歯に色がつきやすい食材と飲み物

笑顔が素敵な人の共通点の一つに歯が綺麗なことが挙げられます。しかし、職業柄或いは体質的に歯が着色しやすい方がいます。それを防ぐためには、色がつきやすい食べ物や飲み物を知る事や予防と対策方法を行うことが大切です。

 

 

歯に色がつきやすい食材を知ろう

歯のために避けたい成分の一つはポリフェノールです。ポリフェノールを含む食物の代表的なものは、ブルーベリーやチョコレートがあります。また、緑黄色野菜もあります。体に良い成分が沢山含まれていますが、歯にはあまりお勧めできません。他には、布に着くとシミになって落ちない食べ物は歯にも同じような影響があると考えて良いでしょう。例えば、カレー、ケチャップ、ソースなどが挙げられます。更に、人工甘味料を使ったものも避けた方が良いでしょう。わかりやすく言えば、見た目が濃い食べ物は、歯に色を残す可能性があるということです。

悪影響の可能性を多く含む飲料はこのような

汚れがつきやすい食材で挙げたポリフェノールを多く含む赤ワインや野菜ジュース、クロロゲン酸が含まれているコーヒーやタンニンが含まれる紅茶、白ワインやスポーツドリンクや炭酸飲料、炭酸系のお酒などはエナメル質を溶かす酸性度が高いので避けた方が良いです。この酸性度が高い飲み物と歯には避けたい食材を一緒に摂取すると更に悪影響を及ぼすので注意が必要となります。更に、人工甘味料が入った飲み物もやはりそれだけ避けたい成分が入っています。見た目の濃いもの、酸性度の高いものはつきやすいと思って間違いありません。

色がつきやすい食材や飲み物を摂取したら

着色汚れを避けるために、この要素を含んだものを一切口にしないというのは難しいです。特に職業柄、料理人やソムリエ、お酒を飲む事が仕事の方、接待が多いビジネスマンなどの飲食店関係とそれを良く利用する方には避けられない部分であります。更に、体に良い栄養素も多く含んだ食材や飲み物も多いので、健康面では摂取した方が良い場合もあります。飲食したからと言って直ぐに悪影響があるわけではなく、口内を長時間その状態で放置する事が悪影響なので、このような飲食物を摂取したらそのまま放置しないことを心がける事で防ぐ事が可能です。

体に良くても歯のためには避けたい食材や飲料はかなり沢山あります。しかし健康の維持や促進のためにも、職業柄、飲食店関係で避けられない方にとっても対策として摂取した後、そのままの状態にせず、ハブラシやマウスウォッシュを行う、その際ホワイトニング効果のあるデンタル製品を利用するなどで予防できます。更に着いてしまったものに関しては、歯医者や美容系クリニックやサロンでホワイトニングを行うと改善可能です。

-歯磨き, 美容
-, , , , , , , , ,

Copyright© 人生100年なんでも相談室 , 2020 All Rights Reserved.