歯磨き 美容

歯に色がついてしまう理由と仕組み

 

歯に色がついてしまう理由と仕組み

様々な飲み物や食べ物がある今の世の中では、よっぽどのことがない限り、真っ白な歯をした人は見かけることがありません。歯に色がついてしまう理由は何なのでしょうか、また、白くするにはどうすれば良いのでしょうか。

 

 

歯の仕組みと、エナメル質の減少による変色

歯は外からエナメル質、象牙質、神経群で構成されています。象牙質は通常直接見えることはありません。光に通して見たことがあるでしょうか、エナメル質が透けて中の光を通さない部分が見てとれます。それが象牙質です。この象牙質はもともと黄色っぽいです。これが、変色する仕組みのひとつです。人は年を取ると摩耗などでエナメル質が減ってしまいます。そうすると、象牙質が顔を出してくるのです。同じ原理で、磨きすぎると、エナメル質を削り取ってしまいます。これでもまた象牙質が強くなってしまいます。

詰め物による原因と、飲食物による原因

その他には虫歯が原因です。黒くなるところは当たり前ですが、詰め物をした部分が、時間によって経年劣化で黄ばんでしまうことがあります。もうひとつは飲食品です。多くの人は色がついてしまう理由と聞いて、こちらを連想するでしょう。炭酸飲料やアルコールに酸っぱい食べ物といった酸性の食品は、脆いエナメル質の表面を溶かしてしまいます。そこに、カレーやコーヒー、紅茶といった濃い色素が入り込むという、なんともありがたくないコンビネーションを発揮してくれるのです。奥まで入り込んでしまうので、磨いてもなかなか落ちてくれません。

ホワイトニングによって歯を白くする

ホワイトニングとは、基本的に過酸化水素や過酸化尿素を用いたホワイトニング剤で、着色物を分解することを言います。ジェルのようなホワイトニング剤を塗布します。家庭でもできる選択肢はありますが、過酸化水素を使用したプロ仕様のホワイトニングは、日本ではお医者さんを通さなければ受けることができません。しかし、海外では、過酸化水素を含んだホワイトニング剤が入った歯磨き粉が販売されていて、日本からも取り寄せることができるので、より手軽にホワイトニングをしたい人はこちらを選ぶことも可能です。

予防も大切で、ある程度は行うことができますが、付いてしまったものは仕方がありません。「芸能人は歯が命」と言われるほど、歯は見た目に影響を与えます。気になるようでしたら、ホワイトニングも選択肢に入れてみてはいかがでしょうか。忙しくて時間がない方は、家庭で手軽にホワイトニングができる、海外の歯磨き粉を試してみるのも良いかもしれません。

-歯磨き, 美容
-, , , , , , , , ,

Copyright© 人生100年なんでも相談室 , 2020 All Rights Reserved.