引越し 婚活準備

引越しの営業担当と現場担当者は異なる

引越しの営業担当は訪問見積もりに来ていろいろとお話をしてくれますが、現場担当者とは異なります。営業担当の人が信頼できると思っても、当日実際に引越しを担当してくれるのは異なる人となるので、話に流されてしまうことは危険です。

引越しの営業担当は契約をとることが仕事

引越しの営業担当は訪問見積もりにきてくれますが、基本的には契約をとることが仕事です。見積もり金額には一定の相場が存在していますが、営業マンの判断で安くしてくれることもあります。営業マンから良い印象を持たれている人は、交渉が成功しやすいでしょう。 このとき、営業マンは契約をとるためにサービスの良い点をアピールしてきます。しかし、その営業マンは引越しの当日にはおらず、異なる現場担当者がやってきて作業をしてくれます。個人的に気に入ったというだけで契約をとることはおすすめができません

営業マンが信頼できる会社は信頼できる?

見積もりをとってくれる営業担当者と、実際に当日引越しをしてくれる現場担当者は異なりますが、同じ会社なので似たような空気は感じられるでしょう。実際に引越しをしてくれるスタッフが重要であるとは言っても、同じ会社なので営業担当者、電話対応のオペレーターなどと話してみると、その会社の雰囲気や風潮などが感じられるものです。営業マンや電話オペレーターが信頼できたら、必ず作業スタッフも信頼できるとは限りませんが、一定の安心感にはつながります。それだけで判断をしてしまうのは危険ですが、1つの判断基準にすることは良いです。

見積もりをとる時のポイントとは

見積もりをとる時には、営業担当者がやってきますが、できるだけ部屋を清潔な状態にしておくことがポイントです。荷物がたくさんあってごちゃごちゃしていると、見積もりの料金に上乗せされてしまう可能性があります。不用品などはあらかじめ処分しておくことが好ましいです。不用品を処分していないと、引越しで運ぶ荷物として換算されてしまうかもしれません。営業マンは荷物だけでなく、契約を結ぶ相手のことも見ていますので、礼儀作法にも気を使っておきましょう。スーツで対応する必要はないものの、清潔な格好をしておきましょう

見積もりをとるとき、複数の会社を比較する人が多いですが、営業マンが気に入ったらその場で即決をしてしまうということもあるでしょう。1つの判断基準として営業マンやオペレーターの人柄などは大切ですが、実際に引越しをしてくれる現場担当者は別の人物であるということは理解をしておきましょう。料金などのポイントも合わせて総合的に比較をして、一番良い業者を選ぶべきです。

-引越し, 婚活準備
-, , , , , ,

Copyright© 人生100年なんでも相談室 , 2020 All Rights Reserved.