子育て 結婚生活

体験授業時にチェックするポイント

体験授業の時にチェックするポイントがいくつかあります。
体験授業を受ける前にしっかり把握しておくことで、ただ受けるだけでなく、子供にあっているのかを判断することができます。

 

■最低2社以上の体験授業を受けましょう

体験授業を受ける会社を決める時、体験授業を1社だけに絞って受けるのはやめましょう。1社だけだと、家庭教師を比較することができません。

  • 優しそうだから良い。
  • 有名大学の先生だから成績が上がる

 

と判断するのではなく、家庭教師を比較して本当に良い先生なのか子供に合っているのかを判断することが大切です。

 

■家庭教師の無料体験=絶対に入らなければならないではない

体験授業を受けてしまうと、必ず入会しなければならないのではないかと考えてしまうことが多いのではないでしょうか。このように考えてしまい、体験授業を受けずに家庭教師を決めてしまうことは危険ですし、体験授業後すぐに入会を決めてしまうのも危険です。

 

体験してみて合わないと思ったら、入会しないほうが子供のためなので、体験授業を受けた後にしっかり考える時間を設けましょう。
体験授業を行った先生が入会後も指導することが大半なので、子供のために子供に合った先生かどうか見極め、合わないと感じた時はきちんと断ることが重要です。

 

■授業の最後に飲み物を持っていく

子供と先生の相性を判断するために、授業の様子を見る必要があります。子供部屋で授業を行う場合授業の様子を見ることができません。そこで、授業の最後のほうに飲み物を持って部屋に入り、子供と先生の様子をチェックしましょう。

 

授業の最後の方に持っていくことが重要です。授業が始まったばかりの時に飲み物を持っていっても、先生も子供も緊張しているのでぎこちない様子しか見ることができません。相性の良さを確認するためにも、授業が終わる15分前くらいに持っていくことをおススメします。
授業が終わった後に、先生と子供のいない部屋で状況を確認するために話をしましょう。

 

  • 子供の勉強の様子
  • 現状の子供の学力
  • これからの学習計画
  • 子供の印象

 

などを質問していくことで、先生が家庭教師としてきたらどのように子供に勉強を教えてくれるのかを知ることができます。また子供の話だけでなく、先生の得意科目なども聞くことで先生の人柄や考え方を知り、家庭教師を決める時に役立てることができます。

 

■体験授業が終わったら、子供の意見を聞く

この先生と勉強できるかということは、子供の意見が一番重要です。
母親がこの先生なら任せられると思っていても、子供が合わないと感じていたら、勉強意欲は湧きません。そのため、先生が帰った後に、子供に授業の様子を確認し意見を聞きましょう。勉強するのは子供なので、子供の意見を尊重して、先生との相性を確かめることが大切です。

 

■全ての体験授業を受けたら子供とゆっくり話をする

全ての体験授業を受けて2日後くらいに子供とゆっくり話をする時間をとりましょう。2日空けることで、最後の体験授業が良く見えてしまうことを防ぐことができます。

  • ○○先生はどこが良かったか、良くないところはどこか
  • △△会社の教材は良かったか

 

など長所短所を全て整理します。整理し終わったら、どこの家庭教師が良かったか子供の意見を聞きます。このように子供の意見も踏まえながら家庭教師を決めれば、子供に合った家庭教師を見つけることができるでしょう。

-子育て, 結婚生活

Copyright© 人生100年なんでも相談室 , 2020 All Rights Reserved.