ピアノ買取 中古買取

ピアノの調律にかかる費用相場

アコースティックピアノの維持管理には必ず「調律」という作業が必要となります。この作業は僅かな音のズレを修正するだけでなく、長くピアノを使用していくために重要な意味を持つメンテナンスとなります。きちんと管理されている場合には、ピアノ買取査定においても有利になります。

 

 

 

美しい音色を奏でるために必要な作業

調律は、調律師という専門資格を有している技術者が直接ピアノのある場所に出向いて行う訪問出張サービスと考えて良いでしょう。内部に張られている弦の調整をたいへん細やかに行うために、作業時間は1時間程度は必要です。同時にピアノ内部の清掃や拭き上げも行ってくれる場合が多く、のべ作業時間は1時間半程度となります。高度な専門資格の技術者を派遣するという観点から、その費用相場は1回あたり1万5千円前後となります。業者の多い地域では競争原理のため費用相場は下がる場合もありますが、1万円以上は見込んでおくと良いでしょう。

作業の頻度は1年に1回以上は必要

毎日練習で弾いている場合はもちろん、それほど使用していない場合、あるいは全く弾いていない場合においても調律は必要な作業です。ピアノの内部機構は、温度変化や時間の経過とともに徐々に変化していきますので、微妙なピッチのズレは避けられません。目安としては、毎日練習で弾いている場合では半年に1回、全く弾いていない場合でも1年に1回は必要とされています。発表会など特別な場合にはそのたびに実施することもあるとても重要なメンテナンス作業となります。いつでも快適に弾くことができるようにして置くことがピアノにとっても幸せなことでしょう。

買取査定額にもメンテナンス状況が反映

ピアノ買取査定額は、その状態によって異なります。基本的には新品価格が高価であることや、グレードが上位のモデルであること、比較的新しい製造年であることなどがプラスに作用します。また、きちんと管理されているということも重要です。ピアノ買取時には、査定の際に見た目やメーカーだけでなく、音の響きも重要な判断材料となります。メンテナンスが行き届いている場合には、その音を聴くことですぐにわかるものです。定期的にきちんと整備されていると判断されると、ピアノ買取査定の場合にも有利にはたらく可能性が高いと言えるでしょう。

しばらく使用していなかった、あるいはアップグレードをして高級機に買い替えたいという方は、ピアノ買取サービスを利用したいと考えている場合が多いものです。その際には査定額をアップさせる方法として、きちんと調律を行っておくことがおすすめです。費用は発生しますが、大切に扱われていたことがわかることで買取価格に反映されると考えられます。

-ピアノ買取, 中古買取
-, , ,

Copyright© 人生100年なんでも相談室 , 2020 All Rights Reserved.