ピアノ買取 中古買取

調律していないピアノの価格はさがる?

基本的にピアノの調律はこまめに行う必要があります。多少調律を怠っていたとしてもピアノ買取の価格はそれほど下がることはありません。一方何十年もの間メンテナンスを怠っていた場合には、引き取ってもらうのに料金がかかる場合も存在します。

 

 

 

調律していないピアノ買取について

ピアノ買取の価格は新しいものほど高くなります。古いものの場合には買取価格が0となり引き取り料金が必要となる場合も存在します。楽器しての価値と商品としての価値には違いがあります。何十年も昔の楽器でもきちんとメンテナンスすることで美しい音色を奏でることができます。楽器としては価値があっても商品としての価値が認められないことがあるため、古い楽器を売却する場合には注意が必要です。一方古く音の出ない楽器でもアンティークとしての価値が認められることがあります。20世紀の初頭のピアノなどはアンティークとして高値で取引されます。

流通経路と買取可能な楽器の違い

ピアノ買取業者によって販売経路は様々です。主に国内市場のみを対象とする買取業者もあれば、海外市場を対象とする販売業者も存在します。海外市場では国内市場よりも多様な需要があるため、古いピアノの修理と輸出も行われています。長期間メンテナンスをしていなかった楽器でも海外への輸出を主な業務とする買取業者であれば買取可能な場合があります。買取業者によって販売経路が異なるため、買取査定の相場にも違いが出てきます。国内市場を対象とする買取業者の査定では買取価格が0となる場合でも海外輸出を行う買取業者であれば買値が付く場合が存在します。

世界へ輸出される日本の中古楽器

日本製の楽器は古いものでも品質が優れているため、中国などアジア諸国で人気があります。日本や欧米諸国では各家庭にまでピアノが普及していますが、アジア諸国の普及率はまだ低い状態です。中国でも楽器の製造は行われているものの、世界標準とも呼べる品質を有する日本製の方が人気があります。アジア諸国で家庭や学校、公共施設などで日本製の楽器に対する需要が大きいため海外輸出を専門とする買取業者では中古楽器の高価買取を行っています。古い楽器の買取査定を依頼するならば、海外輸出を専門とする買取業者に依頼するのが合理的です。

かなり古い楽器には買値が付かないのが一般的ですが、音が出なくてもアンティークとして高値で売れる場合があります。また日本製のピアノは高品質なためアジア諸国など世界中で需要が存在します。そのため多少調律などのメンテナンスを怠っていたものでも、高価買取が可能な場合があります。古い楽器の買取査定を依頼するのならば、海外輸出を専門とする買取業者に依頼するのが合理的です。

-ピアノ買取, 中古買取
-, , ,

Copyright© 人生100年なんでも相談室 , 2020 All Rights Reserved.