AGA治療 婚活準備

20代ではげる、薄毛になる原因


原因1:遺伝

遺伝的に禿げる可能性は薄いと言われていますが、
抜け毛の原因を考えた時に、関係が薄いとは言い切れないのではないかと思います。
確かにAGAになりやすい遺伝子というのは存在します。
それは5αリダクターゼの活性の高さを決める遺伝子とアンドロゲンレセプターの感受性の高さを決める遺伝子です。
この二つがどのようにハゲに関わるかというと、5αリダクターゼというものは人体に存在する酵素の名称です。
この酵素の活性が高い人は薄毛の原因となる男性ホルモンのDHTが作られやすいと言われています。
DHTはテストステロンという男性ホルモンが5αリダクターゼと結合することで作られます。
5αリダクターゼの活性が高くなるとより多くのハゲホルモンが作られるので薄毛の原因が増えるというわけです。
この5αリダクターゼの高さは遺伝で決まるので、高い活性が遺伝してしまうとハゲやすくなると考えられます。
薄毛の原因のハゲホルモンはDHTだといいましたが、実はハゲホルモンだけではすぐに薄毛になるわけではありません。
ゲホルモンがアンドロゲンレセプターというホルモンを感知する器官に反応すると、上野毛の成長が妨げられて薄毛になるのです。
このホルモンを感知する感受性の高さが遺伝するといわれています。
感受性が高く、ホルモンを感知しやすいと髪の成長が妨げられやすくハゲやすいというわけです。
つまり、遺伝されたアンドロゲンレセプターの感受性の高さが高い人ほど薄毛になりやすいということです。
では、父親がハゲていなかったら安心なのかというと、そうとも言えません

一般的に男性の薄毛は母方の遺伝子が強く影響していると言われています。
男性の場合、遺伝子のX染色体は母親からY染色体は父親から受け継ぎます。
5αリダクターゼの活性の遺伝子はX染色体に存在しているために、母方の遺伝の影響が強いのです。
母親は女性なので5αリダクターゼの影響で薄毛が発症することは確率的にかなり低いです。
そのため、母方の祖父の薄毛が孫に隔世遺伝していると考えられているわけです。
最近では、遺伝子調査もしてくれるAGA治療の病院が増えてきているので、気になったら一度調べた方がいいかと思います。
一度抜け始めると止まらなくなってしまうので、治療は早めに始めた方が改善も早いです。

原因2:食生活

若いからと言って暴飲暴食をしたりするとハゲに繋がる原因になります。

食べ過ぎでまず思い当たるのは、肥満です。
肥満体形になると汗をかきやすくなり、頭皮の皮脂の分泌がされやすくなってしまうということです。
皮脂の分泌が過剰になると、毛穴が詰まり、抜け毛が増えます。
皮脂過剰になることから、脂漏性脱毛症になってしまう可能性が高くなります。
そして、脂肪が血管を圧迫することで血行不良になり、ハゲを増進させます。
さらに食べ過ぎは、消化器系の内臓に負担をかけます。
消化器系内臓に負担がかかると、機能低下に陥ってしまい、いくら髪に良い栄養を取っていたとしても吸収してくれなくなります。
結果として、頭皮に供給される栄養が不足して、ハゲる可能性か益々高くなります
食事は落ち着いて、よく噛んで、腹八分目の量を食べるのが一番髪の毛には優しい食生活です。
しかし、腹八分目と言っても、脂っこいものばかり食べてしまうと、そのまま皮脂の分泌量が増えることになります。
皮脂は頭皮保護のために必要なものですが、過剰に分泌されると悪影響しかありません。
脂漏性脱毛症の原因にもなる脂っこい食事はなるべく控えるのが得策です。
食べる時間にもハゲる原因が隠されています。
もし、寝る前にご飯を食べている人がいるのなら控えた方がいいでしょう。
食事の後は食べたものを消化するために、消化器官がフル活動して血管とエネルギーを内蔵に集中させます。
髪の毛の生成には成長ホルモンが不可欠ですが、その分泌が盛んなのが睡眠後30分から1時間です。
一方、胃で消化される時間は炭水化物が2時間、タンパク質が3時間、脂質が4時間です。
つまり、寝る前に油物を摂った場合、食後4時間後に入眠しないと消化と成長ホルモンがエネルギーを取り合ってしまいます。
寝る前の食事は太りやすい上にハゲやすいので、やめた方がいいでしょう。
逆に、過度なダイエットをした際もハゲやすくなります。

ダイエット自体はハゲの原因とはいえませんが、必要以上に体重を落としたり、短期間で痩せようとするとハゲになりやすくなります
短期間の急激なダイエットは、大抵が食事制限ありきです。
その場合、急激に食事量を減らすので、体が栄養不足になります。
そうすると、生命維持を優先するために頭皮への栄養補給は後回しになります。
栄養不足の毛母細胞は分裂を十分にできないので、発毛が不十分になりハゲまっしぐらです。
また、栄養不足になるとホルモンバランスも崩れるので、男性ホルモンの分泌が過剰になってしまうかもしれません。

過剰に分泌された男性ホルモンは、AGAを引き起こす可能性も秘めています
さらに、過剰なダイエットは、筋力低下による血行不良や、ストレスに起因する発毛不良にもつながり、
ハゲやすい体を作ってしまう原因となるので、ダイエットを行う時は、筋トレを交えて健康的に行いたいものです。

原因3:生活習慣

夜更かしや喫煙もハゲる原因となります。
寝ている間に成長ホルモンが出ていることはご存知だとは思いますが、
深い眠りにつかないと、この成長ホルモンは正常に分泌されません。
しかし深夜3時になると、体は深く眠れなくなってしまいます。
睡眠のゴールデンタイム神話はなくなったとはいえ、深い眠りに入らなければ、成長ホルモンは大量に分泌されないので、
睡眠時間がしっかり確保されていても、朝方に寝ると成長ホルモンはあまり出てくれません。
すなわち、ハゲやすくなってしまうのです。
髪の毛は、毛母細胞によって作られるのでこの毛母細胞を活発にしてくれるのが成長ホルモンは大事です。
成長ホルモンは入眠後30分から1時間の間が一番活発に分泌されるのですが、この時眠りが浅いと成長ホルモンが分泌されにくくなってしまいます。
次に成長ホルモンが多く分泌されるのは入眠後3時間以内です。
寝ている時間に髪を成長させるには、しっかり成長ホルモンが働きやすい時間に寝ることが重要なのです。
そして、当然のように睡眠不足は体への負担が多く、私達の体は寝ている間に疲れを癒そうとしているので、
当然のように、生命維持に重要な機能から修復をします。
髪の毛は直接生命維持には関係のないものなので、修復時間が短いと後回しになってしまうのです。
そのために、髪に栄養が行かなくなり、薄毛が益々進行してしまうのです。
毎日が忙しくて寝る時間もない人は、少なくても1時までに3時間ほどの睡眠を心掛けてください。
いまいち浸透していないようですが、亜鉛不足もハゲの進行を早めます。
亜鉛は男性ホルモンがハゲホルモンに変換する作用を阻害する働きがあり、髪が正常に成長するためには重要な栄養素です。
1日の目安は15mgなので、不足しないように摂取するといいでしょう。
食事を気にしていられない人はサプリで摂取することをお薦めします。

次に喫煙ですが、ニコチンの作用で毛細血管が収縮することは喫煙者ならだれもが知っていることと思います。
細血管から毛母細胞に栄養が運ばれないといけないのに、その毛細血管が収縮してしまうのです。
血流がスムーズでなければ、毛母細胞に栄養がスムーズに運ばれず、髪の毛が育ちにくくなってしまいます。
ストレスでハゲるというのは、ホルモンバランスの他にストレス性の喫煙も原因なのではないかと思われます。
しかも、喫煙はビタミンCが失われます。
ビタミンCは皮膚や血管に欠かせないコラーゲンを生成する働きがあるので、頭部の毛細血管の老化を予防して髪の成長をサポートします。
近年、薄毛の治療にもビタミンCを取り入れている病院もあるくらいなので、ビタミンCは欠乏させないようにすることが、育毛にもいいのではないでしょうか。
薄毛がさらなるストレスの原因になる前に、薄毛専門医のところに相談に行き、根本原因を突き止めましょう。

原因4:頭皮環境の悪化

一昔前はブラシで頭皮を叩いて血行改善みたいなことをしていたようですが、刺激の与えすぎはハゲの原因になります。
同じく、頭皮環境を良くするために一日何回も髪の毛を洗う人がいますが、それも逆効果です。
髪の毛を洗うと清潔になった気がしますが、毛髪に必要な皮脂まで洗ってしまい、皮脂不足と認識した頭皮がさらに皮脂を分泌してしまいます。
こうした毎日の積み重なった間違ったケアによって、もしかしたら余計に頭皮環境が悪化しているかもしれません。
いつも同じところで分け目を作ったり、髪の毛を引っ張る髪型をしている人は毛根に負荷がかかることで抜け毛を発症しているかもしれません。
洗髪する時のポイントは、一日一回夜に洗うのがマストです。
一日の汚れを次の日に持ち越さないのがポイントです。
先ずは予洗いを温かめのお湯で3分ほどして、髪の汚れは大体ここで落ちていきます。
シャンプーを使う時は、手で泡立てて使うのがポイントで、直接つけると落ちにくく、洗い残しの原因となります。
頭全体をマッサージするように指の腹で揉むことで、頭皮マッサージも行いましょう。
そして、一番大事なすすぎですが、シャンプーの倍の時間を意識して入念にすすいでください。
泡が消えただけで満足せずに、充分すぎるくらいすすぐことで、頭皮環境は改善されます。

髪を乾かさずに寝る人がいますが、これはアウトです。
髪を洗った後に乾かさないと、湿気により頭皮に微生物や菌が繁殖しやすい状況を作ってしまいます。
繁殖する微生物や菌の種類によっては、皮脂腺に入り込んで、髪の栄養分を食べてしまうそうです。
フケや頭皮の痒みの原因にもなりますので、しっかりと乾かして水分を飛ばしましょう。
また、濡れている状況はキューティクルがめくれあがっている状態ですから、そのまま寝ると刺激で髪が痛んでしまいます。
ドライヤーの熱は使い方を誤ると髪にとっても良くないですが、細菌や頭髪のダメージを考慮すると、髪を乾かさないのはよくありません。
冷風が好まれているようですが、冷風では乾くのに時間がかかりますし、完全に乾かすのは困難です。
ドライヤーを髪に近づけすぎないように、温風で手早く乾かすのが好ましいです。
一度進行してしまった抜け毛は治りずらいので、頭皮環境を整えても治らない抜け毛はAGAの可能性があるので、
気軽に無料カウンセリングに行き、AGAの可能性をなくしてから薄毛対策を進めましょう

-AGA治療, 婚活準備

Copyright© 人生100年なんでも相談室 , 2020 All Rights Reserved.