法律事務所 債務整理

債務整理の種類と選び方

債務整理には三つの種類があり、どれも弁護士もしくは司法書士に依頼して実務を行ってもらいます。どの方法にもメリットとデメリットがあるため、自身の状況を鑑みて適切な種類を選ぶことが借金から解放されるために必要なことです。

 

 

利息の支払いを免除される任意整理

債務整理の種類である任意整理は、借金の元本のみを返済することが認められるようになる方法です。未払いの利息は免除され、これまで支払ってきた利息のうち利息制限法の上限金利を超えていた分は元本から差し引かれるため返済が楽になります。 しかし、借金の金額そのものが大きく減額されるわけではないため現在の収入が乏しい人にとっては根本的な解決方法にはなりません。とはいえ、50万円程度の借金であれば生活を工夫することで十分に返済のための資金を捻出できるため、おすすめできる方法だと言えます。

借金額が大幅に減額される個人再生

個人再生も債務整理の一種で、借金の元本が大幅に減額されるという特徴があります。減額幅は借金の金額によって異なりますが、100万円以上500万円未満の場合は100万円の支払いで済み、500万円以上1500万円未満の場合は借金額の5分の1で済むのです。そして、100万円未満であれば全額が免除されることになります。 個人再生を行うと、その事実が官報に掲載されます。そのため周囲に知られてしまう可能性があるほか、裁判所を通す手続きになるため認められるまで時間がかかるというデメリットもあります。

自己破産は全ての借金が無くなる

債務整理の方法として最も知られているのは自己破産です。自己破産を行うと金利を含めて全ての借金を支払う必要があります。しかし、誰にでも認められるわけではなく、ギャンブルなどの原因による借金の場合は裁判所に自己破産を認めてもらえない可能性があります。 また、個人再生と同様に官報に掲載され、20万円以上の資産は処分する必要があります。クレジットカードの所持やあらゆるローンの利用ができなくなるという制限もあり、この制限は10年程度が経過しなければ解除されないため日常生活の利便性が失われることになります

債務整理は三種類に分けられますが、どれも大きな金額の借金を返済するための方法であり、50万円程度の借金の場合はデメリットの方が大きくなるのが実際のところです。弁護士や司法書士に相談しても、まず自力で返済することを勧められます。 様々な事情があって債務整理を行わなければならない場合は、事情を全て弁護士や司法書士に話し、最も良い方法を相談するべきです。

-法律事務所, 債務整理
-, ,

Copyright© 人生100年なんでも相談室 , 2020 All Rights Reserved.