子育てサプリ 結婚生活

葉酸が妊娠中も母乳育児中にも必要な理由

葉酸は造血ビタミンとも呼ばれるビタミンB群の一種で、妊娠初期に十分量を摂取することで赤ちゃんの脳神経系の先天性疾患を低下させる働きがあります。

また、母乳の生成を良くするため、母乳育児の強い味方にもなります。


妊娠中に必要とされる具体的な理由とは

葉酸はビタミンB群の一種で、妊婦に必要な栄養素として知られており、実際、厚生労働省も妊娠初期の妊婦の葉酸の接種を推奨しています。2002年からは母子手帳にもその旨が記載されるようになりました。

では、なぜ妊娠中に必要なのかというと、葉酸は細胞分裂を行う際に必要な成分でもあります。妊娠初期は受精卵が最も頻繁に細胞分裂を起こし成長する時期で、脳や神経といった重要な部分が作られる時期でもあります。

この妊娠中の時期に不足することで、神経管閉鎖障害、二分脊柱といった先天性疾患を起こす確率が高まってしまうのです。

母乳育児中も必要とされる理由とは

では、妊娠期間を過ぎて、いざ出産したら葉酸は意識的に摂らなくて良いのかというとそうではありません。実は母乳育児にも非常に良い成分として知られています。母乳の原料は血です。

白いのでそのようなイメージがわかない人も多かもしれません。しかし、血液が乳腺を通じて赤血球がろ過されるため色こそ赤くありませんが、血液のたんぱく質や白血球、乳房で作られるカゼインミエルなどのアミノ酸生成物から成っています

葉酸は造血ビタミンとも呼ばれる栄養素で、母乳の原料となる血の生成には欠かせないため、母乳育児中も妊娠中と同じぐらい意識的に摂取した方が良いのです。

産後も意識的に摂取した方が良い

また、葉酸は産後の体の回復のためにも摂取した方が良い栄養素です。産後はホルモンバランスが急激に変化するため様々なマイナートラブルが起こりやすい時期です。

葉酸はホルモンバランスを整える作用があり、人により現れ方は異なりますが、産後うつ、抜け毛、むくみなどホルモンバランスの乱れからくる不調を改善させるといわれています。

また、産後は出産による疲労が体に残っている上、授乳でママは栄養を母乳に使わなければなりません。葉酸の造血作用により血行が促進され、質の良い母乳が出ると共に、ママの内臓機能の回復にも作用します。

まとめ

葉酸は妊娠初期から産後、授乳中にかけて長い間体をサポートしてくれる栄養素です。妊娠初期のまだ妊娠に気付く前から重要な作用をもたらすため、妊娠を希望している人は妊娠の数か月前から意識的に摂取することが好ましいとされています。

そして妊娠中だけではなく、産後の肥立ちをサポートし、母乳育児の強い味方となります。

-子育てサプリ, 結婚生活

Copyright© 人生100年なんでも相談室 , 2020 All Rights Reserved.