歯磨き 美容

子どもはホワイトニング歯磨き粉を使っていいの?


子どもはホワイトニング歯磨き粉を使っていいの?

人とコミュニケーションを円滑に進めるために、最低限の清潔さを維持することがとても重要になってきます。特に接客業をされる方などは口の中が目立ちやすくなりますので、口内ケアの1つとしてホワイトニング治療が一般的になっています。

 

 

ホワイトニング治療は年齢制限があるのか

歯を健康的に、または美しく維持するためにも、こまめに歯を磨くことが重要になってきます。特に歯の黄ばみは健康上特に問題は無いとしても、清潔感が無いように見えてしまう可能性があるので最近では小さな子どものうちから、定期的に歯科クリニックに通ってホワイトニング治療を受けさせるご家庭は少なくありません。子どものうちから歯の色素沈着を綺麗にする治療は行えるのかというと、一般的に歯科クリニックで医師がOKを出せば年齢関係なく治療を受ける事が可能ですが、クリニックによっては15歳~18歳からと年齢制限を設けている場合もあります。

歯が黄ばんでしまう原因は何か知る

そもそも歯が黄ばみやすくなってしまうことの原因の1つとして、食生活の中にステインと呼ばれる色素汚れが含まれている事で、歯の表面に色素汚れが付着し、そのまま放置してしまうことで色素沈着が起こってしまうのです。 しかし子どもの乳歯は大人の永久歯に比べて元々黄ばみがかっている特徴がありますので、クリニックによっては乳歯の時点でホワイトニング治療を受ける必要は無いと判断される場合が少なくありません。そのため子どものうちに歯を綺麗に維持するためには、白くするよりも磨き残しが無いように注意することが大切です。

子供向けの歯磨き粉の選び方について

永久歯が生えていない乳歯の状態の歯を持っている小さな子どもは、歯の白さを維持するホワイトニングを意識してホワイトニング効果のある歯磨き粉を利用するよりも、まずは歯を傷つけずに強くするフッ素入りの歯磨き粉を利用したり、歯に傷をつけないように研磨剤が含まれていないジェルタイプの歯磨き粉を利用して、優しくしっかり歯磨きをするトレーニングを行うことが重要になります。 歯の黄ばみは大人になっても起こりやすくなる特徴がありますので、まずは虫歯を作らず丈夫な歯を作る口内ケアを心がけることが重要です。

歯の表面に色素汚れが付くと、色素沈着を引き起こして歯が黄ばみやすくなってしまいます。しかし小さな子どもの場合永久歯に比べて乳歯は元々黄ばんでいる特徴があるので、歯科クリニックでは乳歯の時点でホワイトニング治療を受ける必要がないと判断される可能性が高く、自宅で使用する歯磨き粉も歯を白くするケアよりも、フッ素配合や研磨剤が含まれないタイプを選択する必要があります。

-歯磨き, 美容
-, ,

Copyright© 人生100年なんでも相談室 , 2020 All Rights Reserved.