法律事務所 債務整理

任意整理の仕組みとデメリット

借金問題で首が回らなくなった場合に活用できるのが任意整理です。任意整理は債務整理の一部で、実施すると月々の返済額を大幅に減らすことができます。住宅を残すことができるなど自己破産よりもデメリットが少なくなっています。

過払い金があればお金が戻ってくる

任意整理を弁護士に依頼したときにまず行うのが金利の再計算です。過払い金があればその金額を引いて借金の残高を計算します。利息について定めた法律は利息制限法と出資法の二つあり、かつてはその利息が異なっていたため多くの金融会社は高いほうの出資法に基づいて金利を設定していました。低いほうの利息制限法の利率で計算しなおすことで大幅に借入額を減らすことが可能になるのです。これが過払い金の仕組みです。もし再計算した結果、現状で返済可能な金額になれば金融会社に連絡して減らしてもらえば解決です。

金利の再計算で解決しない場合は

比較的新しい借金は金利の再計算で解決しないことが多いです。その場合は金融会社と相談をして借金を減額してもらうことができます。金融会社のほうからしても、借金の減額に応じることで少しでも回収することができるので応じることになります。同じ債務整理でも自己破産すると金融会社は一切の回収ができなくなります。借金を減額してもらった後は金融会社と決めた金額を毎月返済していくことになります。返済金額は生活が可能な額となっているはずです。この仕組みによって生活を立て直すことができるでしょう。

任意整理によって生じるデメリット

もしも過払い金が見つかってお金が戻ってきたり返済可能な額となった場合のデメリットはありません。弁護士費用が発生するくらいです。しかし、借金を減額してもらった場合は信用情報機関に登録されます。いわゆるブラックリストです。そうなると数年間は新たなキャッシングをすることができません。住宅や車などのローンも組めなくなりますし、クレジットカードを作ることも難しくなるでしょう。今後一切返済しなくていい自己破産と比べると、今後も3年から5年の間は返済義務が発生することもデメリットの一つと言えます。

キャッシングをして首が回らなくなったら、弁護士に相談をして債務整理をすることになります。その手段として任意整理は選択の一つとなります。任意整理をすると住宅などの財産を残すことができます。住宅を失いたくなくて債務整理を躊躇している人にとっては有効な手段となっています。このような方法もあるので、借金問題に困ったら弁護士を訪ねてみましょう。

-法律事務所, 債務整理
-, , ,

Copyright© 人生100年なんでも相談室 , 2020 All Rights Reserved.