法律事務所 債務整理

任意整理にかかる費用はいくら?

多重債務の状態に陥ってしまったら、債務整理の手続きに踏み切ることも必要になってきますが、社会的なペナルティが大きい自己破産よりも裁判所を介さない任意整理の手続きの方が、お金をかけずに完済を目指すことができます。

 

 

多重債務の解決には債務整理も視野に入れる

カードローンは、担保なしで手軽に借りることができる分、金利が高いので、計画的に利用しないと、いつの間にか借金が膨れ上がっていて、返済が苦しくなってしまうことが少なくありません。返済が苦しくなってしまったからといって、既にカードローンを利用している金融機関とは、違う金融機関からカードローンを利用してお金を借り入れると、月に何度も返済期日を迎えることになり、ますます返済が苦しくなる多重債務の状態に陥ってしまいます。返済の見通しが立たなくなった場合は、債務整理の手続きに踏み切ることも視野に入れる必要があります

弁護士費用が安い任意整理で完済を目指す

債務整理の手続きとしては、自己破産が良く知られていますが、自己破産は借り入れた借金を返済する義務から解放される代わりに、財産を競売にかけられたり、官報に名前と自己破産したことが掲載されたりと、社会的なペナルティが少なくありません。最も多くの多重債務者が選んでいる債務整理の手続きは、裁判所を介さずに、弁護士費用も抑えられる任意整理の手続きになります。任意整理は、手続きを開始した時点で利息が発生しなくなり、およそ3年ぐらいの期間で完済をできる金額にまで借金を減額する交渉をしてもらう方法になります。

任意整理の弁護士費用はいくらになるか

任意整理をする上で気になるのが、弁護士費用がいくらになるかということですが、任意整理の手続きに踏み切る人は、お金に余裕がないという事情を法律事務所も把握しているので、相談は無料になっている所が増えています。そうなると、手続きに踏み切る前にかかるお金は債権者1件あたり3万円から5万円ぐらいの着手金だけとなりますが、この着手金も後払いや分割にできるようになっていることも多いです。また、任意整理の結果借金が減額できた場合は、減らすことができた金額の約10%に相当する成功報酬を支払いますが、借金は大幅に減ることになります。

任意整理の手続きに踏み切ることに躊躇してしまうのは、弁護士に支払う費用がいくらなのか気になってしまうからですが、任意整理の手続きを承る法律事務所は依頼者がお金がない事情を充分に理解しているので、手続きに踏み切る前に膨大な料金を請求されるようなことはありません。債務者が増えるたび着手金が増えるので早めに相談するのが良い方法の1つとなります。

-法律事務所, 債務整理
-, , ,

Copyright© 人生100年なんでも相談室 , 2020 All Rights Reserved.