終活準備 冠婚葬祭

ご臨終からお通夜までの流れ

ご臨終からお通夜までの流れ

ご臨終からお通夜までの流れは、医師による死亡診断書を受け、ご遺体をお通夜までドライアイスと供に安置し、お葬式全般の準備のための打ち合わせを葬儀社と行うことになります。ご臨終からすぐに葬儀社に連絡をしなければいけないので、可能ならば事前に信頼できる葬儀社を探しておくと安心です。

 

 

ご臨終を迎えたらまずすべきこと

訃報はいきなりやってきます。ある程度覚悟をしておかなければいけない状態であった場合でも、いざその時が来ると何をどうしたら良いのかあたふたしてしまう人は多いものですが、事前にある程度イメージできるとその時が来た時に比較的スムーズに動くことができます。 まず、ご臨終が病院の場合とご自宅の場合があると思います。ご自宅で亡くなった場合は医師の死亡診断書をもらい、葬儀社に連絡をします。 病院でご臨終を迎えた場合は、医師から死亡診断書を受け、葬儀社に連絡をして自宅ないしは斎場にご遺体を搬送します。

信頼できる葬儀社を見つけておく

このように、ご臨終を迎えたら、すぐにご遺体をドライアイスで安置しなければいけないため、ご臨終の場が病院であろうと自宅であろうと、すぐに葬儀社に連絡をしなければなりません。病院や在宅看護のクリニックなどから葬儀社を紹介されることもありますが、どのような葬儀社が紹介されるかわからないため、できれば事前に自分たちの信頼できる葬儀社を見繕っておくことが好ましいです。 そして、ご遺体が安置されたら、菩提寺を持つ人は寺院に連絡をして僧侶に枕経をお願いします。 そして、葬儀社と寺院の都合をみながらお葬式の日程決めを行います

葬儀社との打ち合わせ、そして納棺

お葬式の日程が決まったら、具体的なお葬式の内容の打ち合わせを葬儀社と行います。昨今では家族葬を行う人が非常に多く、その場合は参列者は家族と親族なので気負った準備やお手伝いを集める必要もなく、遺族も比較的ゆったりと故人を偲ぶ時間が持てます。 そして納棺です。葬儀社スタッフが死出の旅立ちの説明とともにご遺体をお棺に納めます。その時に故人の大切にしていたものなどを一緒にお棺に入れます。 自宅で安置している場合は、お通夜の前日または当日の朝にご遺体を斎場に搬送して式に臨みます

ご臨終からお通夜までの流れとしては、ご遺体に施すものは搬送と納棺のみです。あとはお通夜から始まるお葬式全般に対する打ち合わせとその準備、そしてすべての人が行うわけではありませんが枕経を行う場合もあります。 ご臨終からお通夜までの日数は斎場の空き具合や僧侶の日程次第のため、早い場合は数日後、遅いと一週間近く間があくこともあります。

-終活準備, 冠婚葬祭

Copyright© 人生100年なんでも相談室 , 2020 All Rights Reserved.