歯磨き 美容

日本での歯のホワイトニング事情


日本での歯のホワイトニング事情

営業職や接客業で働いている方にとって、身だしなみをきちんとすることや清潔感を保つ事はとても重要な要素となっており、最近では口内ケアの1つとして口臭ケアやホワイトニング治療を受ける場合も増えてきています。

 

 

日本で行われているホワイトニング事情

美しい歯を維持するためにも、普段からこまめにクリニックで検診を受けるようにしたり食後はブラッシングをする習慣をつけている方は少なくないですが、食生活や喫煙者などは色素汚れが歯に付着しやすくなるため、どうしても歯が黄ばみやすくなってしまいます。日本のホワイトニング事情の実態は、専門クリニックではホワイトニング治療が受けられますが、海外に比べて費用がかかりやすくなる特徴がありまだまだ利用者が少ない特徴があり、自宅でケアを行う場合もホワイトニング成分が配合された歯磨き粉を利用する程度だと言われています。

クリニックと自宅でのお手入れの違い

日本のホワイトニング治療は2つの方法があり、クリニックやサロンで受けることが出来るオフィスホワイトニングと、自宅でケアを行うホームホワイトニングの二種類から選択することが出来ます。まずオフィスホワイトニングは過酸化水素を利用して光を上から照射することで色素沈着を分解します。クリニックを利用するメリットは即効性が高いことにあり、全て医師が行ってくれることから安全なケアが可能です。 自宅で行う治療は、クリニックで自分の歯の形に合わせて作ったマウスピースを、自宅で約二時間ホワイトニングジェルを流し込んで装着する方法となります。

黄ばみの原因をきちんと把握する

色素沈着の原因は様々なだと言われていますが、歯の表面の黄ばみなどは普段の食生活が大きく関係していると言われています。コーヒー、紅茶、ウーロン茶、赤ワインなどポリフェノールが多く含まれるドリンクを日常的に飲んでいる方や、カレー、ソース、醤油、ケチャップ、イチゴ、たくあんなども色素汚れの1つであるステインが含まれているため、ブラッシングを疎かにしてしまうことで歯に付着した色素汚れが色素沈着を起こしてしまい黄ばんでしまうのです。 またエナメル質が傷ついて凸凹の状態になっているのも原因の1つと言われています。

日本で行われているホワイトニング治療は、クリニックで行われているオフィスホワイトニングと自宅で行うホームホワイトニングの二種類で、自分の生活スタイルに合った方法を選択することが可能ですし、色素沈着の原因となる食生活を改善したり、こまめにブラッシングを行うことで表面に付着していたステイン汚れを落とし、ホワイトニング効果を持続させることが可能です。

-歯磨き, 美容
-, ,

Copyright© 人生100年なんでも相談室 , 2020 All Rights Reserved.