歯磨き 美容

海外の歯のホワイトニング事情


海外の歯のホワイトニング事情

海外では、口元への意識が高く、多くの人がホワイトニングをしているというホワイトニング事情があります。日本と比較するとその差は歴然としていて、ドラッグストアなどで販売されている関連商品などにも違いがみられます。

 

 

現在の海外でのホワイトニング事情

キスをする習慣のある海外では、口元への意識が非常に高いです。そのため、ホワイトニングの経験者は95%という高い数字です。日本ではまだ限られた人しかホワイトニングをしたことがないという状態です。そのため、海外では白くするための歯磨き粉だけでなく、テープなど様々な関連商品が販売されています。日本ではまだ扱うことができない濃度でのホワイトニング商品も販売されていて、口元への高さが分かります。様々な商品が、ドラッグストアやスーパーなどで販売されているので、気軽に買うことができます。

日本のホワイトニング事情と比較

日本でホワイトニングをするのは、芸能人やモデルなど限られた職業の人だけです。法律で歯を白くする成分の薬剤を扱えるのは、歯科医院だけなので、気軽に行くことができないという面もあります。ドラッグストアなどで販売されている、ホワイトニング歯磨き粉は、研磨剤が配合されていて、擦ることで表面の汚れを落とすという方法です。そのものを白くする効果は、ほとんどありません。使い方を間違えてしまうと、表面が研磨剤で削れてボコボコになってしまい、かえって汚れが付着しやすい状態になってしまいます。

海外で使われているホワイトニング

海外で一般的なのは、ホワイトニング歯磨き粉です。日本では法律の制限で配合できない成分も入っているので、毎日の習慣の中で白くすることができます。歯に貼ることで、数時間で白く出来ると言う、ホワイトニングのためのテープも人気を集めています。もちろん、このような商品ではなく、歯科医院でホワイトニング治療を受けることもできます。口元への意識の高さから、様々なホワイトニング方法が選べるというメリットがあります。気になったらホワイトニングをするという、身近な習慣として根付いています

海外では、多くの人が美しい口元を維持するためにホワイトニングを行っています。関連商品も気軽に変える他、クリニックで施術を受ける人も少なくありません。日本では法律により規制されている成分も配合できるので、自宅でのケアでもホワイトニング効果を実感でき、気になったときにホワイトニングをするという習慣があります。

-歯磨き, 美容
-, ,

Copyright© 人生100年なんでも相談室 , 2020 All Rights Reserved.