AGA治療 婚活準備

新薬サガーロ(GSK)の作用機序

男性の薄毛は、生え際から頭頂部までの範囲に集中しているのが特徴で、額がアルファベットのMの様な形になる薄毛はM字ハゲ、頭頂部にお皿が載ったような状態になるタイプは河童ハゲと表現されています。このように類似した状態になる理由は、該当範囲の毛根内部にⅡ型5α-reductaseという還元酵素が存在しているためです。

 

 

DHTの特徴と性質

具体的には、この還元酵素が男性ホルモンのテストステロンを変換することで作り出されるDHTが原因で、この物質の脱毛因子を誘導するという作用により、ヘアサイクルにおける成長期が半分未満の期間に短縮されてしまうので、髪の毛が十分に成長できなくなってしまうのです。このために、短い毛や細い毛が占める割合が多くなってしまいます。このようにDHTが原因で発症する薄毛は、男性ホルモン型脱毛症という意味の英語Androgenetic Alopeciaを略したAGAと呼ばれています。日本人男性の発症頻度は約30パーセントで、テストステロンの分泌量が急増する思春期以降に徐々に進行します。ちなみに、著明となるのは20歳代の後半から30歳代にかけての時期で、最終的には生え際から頭頂部にかけての髪の毛が全てなくなるまで進行します。

見た目の影響は大きい

この症状は基本的には生理的な現象の一種で、健康に対しての直接的な悪影響は全くありません。しかし、見た目の印象は大きく変わってしまうので、社会的には影響を受けてしまいます。特に、若年時に進行した場合は周囲にはあまり見当たらないので必要以上に目立ってしまい、精神的に大きなダメージを受けてしまいます。新薬サガーロ(GSK)は、このAGAに対しての最先端の治療薬で、かなりの高確率で進行を防止します。具体的な作用機序は、AGAの原因物質DHTの生産に関係しているⅡ型5α-reductaseの活性を阻害するというものです。

新薬サガーロの働き

これは、飲む育毛剤として知られているプロペシアと同じですが、新薬サガーロ(GSK)の場合はさらに強力に作用するうえに、皮脂腺に存在している5α-reductaseのⅠ型の活性も阻害するという点が特徴です。このために、新薬サガーロ(GSK)はプロペシア以上の効果を期待できると考えられています。ちなみに、新薬サガーロ(GSK)の服用方法は1日に1回水かお湯で飲むだけという簡単な内容で、食前や食後などタイミングについての決まりはありませんが、毎日同じ時間に服用することを推奨されています。

 

申込みはこちら

-AGA治療, 婚活準備
-

Copyright© 人生100年なんでも相談室 , 2020 All Rights Reserved.